11年にいじめを受けた大津市中学2年の男子生徒が自殺してから11日で7年となった。役所で記者会見した生徒の父親53)は「いじめに見えにくいもの。大人が発見して救い出してほしい」とめて、いじめの根絶を訴えた。会見に同席した越直美市長は「この事件を風化させないことが重要」と決意をった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

記者会見で改めていじめの対策・防止などを訴える男子生徒の父親=大津市御陵町の市役所で2018年10月11日、小西雄介撮影