格安スマホが世の中に普及を始め、2000円程度で通話・ネットが使えるという素晴らしい時代になりました。もはや ...

格安スマホが世の中に普及を始め、2000円程度で通話・ネットが使えるという素晴らしい時代になりました。もはや普通の3大キャリアはあまりメリットが感じられなくもなりつつあるわけですが、そこにテコ入れをしようと、政権幹部は額5,000円程度に値下げを行う方針であるということです。

3大キャリア5000円、格安スマホ3000円

テレビ東京報道によりますと、政権幹部は以下のように方針を固めているといいます。

携帯大手の料5,000円程度に引き下げたい」「格安スマホ事業者は3,000円程度として棲み分けさらに競争を促したい」との考えも示しました。

携帯大手というのは「ドコモ」「au」「SoftBank」の3大キャリアです。通常では8,000円程度の費用(端末費用含まず)が発生しており、系を圧迫しております。これに更に家族4人となると、3〜4万近くになります。

一方、格安スマホですが「マイネオ」「UQモバイル」「Y!mobile」など、現状2,000円程度の費用です。家族4人全員で持っても1万円行かないほどのまさに格安。

しかし、上記報道によりますと3,000円程度として、との記載がありに「値上げ」の可性を示唆しております。

ただしプランによっては現在1,000円以下からのものもありますので、一3,000円ということにはならないかと思いますが、大手キャリアが5,000円、格安スマホが3,000円となれば、格安スマホメリットは薄れ、政府の狙う「棲み分け」とならない恐れもあります。

果たしてこの値段一体どうなるのでしょうか。

新型アイフォーン落ちた日本死ねというスマホ難民も続出する中

案の定ネットでは反発が強まっております。

携帯値下げ 毎5,000円程度に
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/news/post_164282

ネットの反応



画像が見られない場合はこちら
ショック!格安スマホ「3000円」に値上がり!?ネットで不満爆発