タバコ

Medioimages/Photodisc/Photodisc/Thinkstock

11日、大阪府松井一郎知事が府議会の休憩時間中にで外出し、内で喫煙していたとの摘があったことに対し、事実だと認めた上で、「不適切とは考えていないものの、今後は府民から誤解を受けないよう対応したい」などと説明した。

■休憩中、公用車で喫煙

この問題は、11日に行なわれた総務常任委員会で、自民党の密浩明府議が摘したことに端を発する。「朝日新聞」などによると、その内容は…

・今2日の本会議の休憩中に、松井知事がを利用していた

・府民の税で動いているの中でコーヒーを飲む必要はなく、タバコを吸うために利用したのではないか…と密府議が松井知事を批判した

というもの。

これを受け、府側は松井知事が休憩時間中の6分間、庁舎周辺を巡回しながら、内でコーヒーを飲んで喫煙していたと認めながらも、それは警備上の理由によるものだと説明。

■「何がダメなんだ」と反論相次ぐ

ちなみにだが、府は庁舎内を全面禁煙としている一方で、については禁煙の規定を設けておらず、松井知事が喫煙したことそのものには問題はない。

この報道に対し、ヤフーニュースコメント欄では「何がダメなんだ」「休憩中なんだしタバコ休憩くらいいいだろ」などのが相次ぐことに。

客観的に見て、特に問題のある行為とは思いません

・別にええやん。批判する方の性格の方が問題あると思う

仕事中にで休憩くらいいいのでは。1人になりたい時もあるでしょう

・そりゃあ、どこかの元知事みたいに毎週毎週有馬温泉まで行ってりゃ問題にもなるだろうけど。結局、庁舎内で吸えないから外で吸う、ただ警備の都合上露出するわけにもいかないからで、ということでしょ

■「もっとまともな指摘をしろ」の声

また、ネット民の中には「もっとまともな質問をしろ」「税かかってるのにそんなくだらない質問するな」など、逆に議会の席で「での喫煙コーヒー」を批判した密府議に対して厳しいを寄せる人も。

・逆に考えると、り込んでもり込んでもそれくらいしかく要素が見つからなかったともとれる…

・そんな下らない摘をした議員の給料も府民の税から賄われていることを意識してほしいですね!

■非喫煙者の4割は「タバコ休憩」に疑問

タバコ休憩」という言葉がある。休憩時間でないにも関わらず、喫煙者がタバコを吸いにいくことだ。

しらべぇでは以前、全20代60代の非喫煙者である男女1025名を対に「喫煙者のタバコ休憩を疑問に思う」かを尋ねてみると、全体では約4割の人が疑問に思っていると回答。

タバコ(©ニュースサイトしらべぇ)

この結果からもわかる通り、「タバコ休憩」について否定的な人は少なくない。

しかし、それは「休憩時間ではないのに吸いに行ったから」であり、今回のケースでは、松井知事は休憩時間だった模様。

市民の税のかかっていない場所をわざわざ探すために遠出するより、現状喫煙が許されている喫煙所で吸うほうが、よほど府のお財布にも非喫煙者にも優しいような気がするのだが…。

・合わせて読みたい→休憩多くない? 非喫煙者から「勤務中の喫煙」に対して批判の声

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2015年11月20日2015年11月24日
:全20代60代の非喫煙者である男女1,025

松井知事に「公用車でコーヒー・喫煙」報道 「何がダメなんだ」の声相次ぐ