iStock-892853672_e

 を食う殺人アメーバSF作品の中のフィクションではない。実際に存在する「フォーラーネグレリア」のことである。

 フォーラーネグレリアに感染することは稀ではあるが、ときおり生じていることも事実である。

 つい先テキサス州に住んでいた29歳の男性が、これによって命を落とした。犠牲者とならないために、ここで彼らについて知識を得ておくといい。

―あわせて読みたい―

脳を破壊する「ゾンビ鹿病」が人間にも感染する恐れありと専門家が懸念
何これ怖い。かもされたくない、人体を壊死させる10種の病原菌
海の中にある恐怖。オーストラリアの少年を襲った人食いヨコエビ(小型甲殻類大量注意)
寄生されたらヤバイ、地球で最も恐ろしい10の寄生虫(閲覧注意)
怪談よりも怖い、科学の世界発、最近発表された10のオカルトめいた怖い話

1. 温かい淡水に潜む


5_e

 フォーラネグレリアはヘテロロボサに属する自由生活性のアメーバであり生活環の中にを持つのが特徴だ。

 通常は2535℃ほどの、あるいは温泉のような温かい淡に潜んでいるが、ごくわずかだが土壌にもいる。

 きわめて稀なことであるが汚染された水道水や適切に消毒されていないプールでも見られることがある。

 ほとんどはで感染するが、2007~2016年報告書によると、スリップンスライドという遊び用のおもちゃからの感染が1人、鼻洗浄器からの感染が3人いることが明らかになっている。いずれも汚染された水道水が感染だった。

2. 水を飲んでも感染しない。鼻に入った時に感染する


iStock-1040465906_e_e

 フォーラーネグレリアに感染するのは、それが鼻に入ったときだけだ。つまり、うっかりを飲んでしまっても心配はない。

 ただし、鼻に汚染が入ればリスクがある。なおフォーラーネグレリアは淡普通に存在するものであるが、感染することは稀だ。

3. 好んで人間を食べるわけではない


iStock-892855144_e

 殺人アメーバと言われているが、通常は土壌やの中の堆積物に潜むバクテリアを食べるだけで満足している。

 普通はまったくで、泥の中で自分の暮らしに忙しい生活を送っているのだが、不運な犠牲者の鼻のの中といった新しい環境に紛れ込んでしまうと、そこにあるものを食べ始める。

4. 感染するとニオイが分からなくなる

iStock-892862450_e

 鼻の中に入ったフォーラーネグレリアは、嗅球を食べ始める。これは臭いの情報を処理する器官であるため、感染者はまず臭いが分からなくなる。

 そこから食事や繁殖を行いつつ、嗅経をたどってにまでたどり着く。

 こうなってしまうとゲームオーバーだ。組織や細胞を貪り、やがてが膨し、ネクローシスを起こす。そして最後には死が待っている。

5. 脳にまで達してしまうとほぼ致命的

iStock-961568514_e

 フォーラーネグレリアによる感染症を原発アメーバ性髄膜脳炎PAM)という。初期の症状は、ひどい頭痛・発熱・気分の悪さ・嘔吐などで、進行するとてんかん・幻覚・変性意識・睡といった症状が現れる。

 一般に、感染から5日で症状が現れ始め、さらに5日で死亡する。致死率は97パーセントと非常に高い。

 ただし、繰り返すが、感染自体は稀だ。アメリカ疾病予防管理センターによれば、1962年から2017年までに143例しか確認されていない(が、生存者は4名のみ)。確率にすると、7000万人に1人の割合だ。

6. 鼻栓で予防できる


7

 どこかで泳ぐような場合、一番気をつけなくてはいけないのは、殺人アメーバなどではない。普通に溺れるほうがよほど危険だ。

 それでも、どうにも気になってしまうというのなら、鼻栓をしてみたり、には潜らないことにすれば、予防策にはなる。

References:6 Fast Facts About Brain-Eating Amoebae | Mental Floss/ written by hiroching / edited by parumo

こちらもオススメ!

昆虫爬虫類・寄生についての記事―

男性の脳から体長10センチの生きた条虫が発見される。十分に加熱されていない食べ物が原因(中国)※条虫注意
なななんと!鏡に映った姿が自分のものだとわかる「鏡像認知」ができる魚がいた!?(国際研究)
殺虫剤で依存症?ミツバチが殺虫剤を好んで食べるようになることが判明(英研究)
死んだハチのまわりに花びらを集めて置いていくアリたち。お葬式をあげている?闇の儀式?その目的は?
小さな存在だけど...ハチは人の顔を個別に認識できることが判明(国際研究)

―知るの紹介記事―

生徒たちに喜んでほしくて...3年かけて教室まるごとピンク色のキティパラダイスにした先生。全部自腹(フィリピン)
グアテマラのジャングルの下に隠れていたマヤ文明の巨大都市が発見される(米研究)
相手を議論で打ち負かそうとする人が良く使う20の誤まった論法(誤謬:ごびゅう)
脳じゃないから、腸だから!ハロウィンレシピ。ホットケーキミックスで作る腸シナモンロールの作り方【ネトメシ】
フェイクニュースや意見の偏りがあるウェブサイトを見破るAIが開発される(米研究)
脳を食らう殺人アメーバ「フォーラーネグレリア」に関する6つの知識