沖縄県玉城デニー知事は12日、首相官邸で安倍晋三首相と就任後初めて会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾)の名護辺野古移設に反対する立場を伝え、協議の場を早急に設けるよう要請。首相は辺野古移設を引き続き推進する考えを示し、要請にも明確な返答をせず、会談は行線に終わった。

 会談には菅義偉官房長官も同席。玉城氏は先の知事選の結果に触れた上で、「沖縄摯(しんし)にを傾け、安全保障の負担は全で担うべきだとの認識の下、早急話し合いの場を設けてほしい」とめた。

 玉城氏によると、首相は「政府の立場は変わらない」と強調。県との協議に関しては「沖縄の振子供貧困など共通する課題は協してやっていきたい」と述べるにとどめた。 

写真説明〕会談する沖縄県玉城デニー知事(左)と安倍晋三首相=12日午後、首相官邸

会談する沖縄県の玉城デニー知事(左)と安倍晋三首相=12日午後、首相官邸