レバレジーズは10月12日、出社時間・退社時間に関する意識調の結果を発表した。調期間は2018年9月7~14日、有効回答は新卒向け就活エージェント「キャリアチケット」登録者224人。
○6割が「ギリギリ出社はなし」

現在就職活動中の学生に「入社をしたらギリギリ出社はありか」と尋ねたところ、64.3%が「なし」と回答。一方、正社員・契約社員にも同様の質問をすると、71.4%が「あり」と答えており、学生社会人では出社時間に対する意識が異なることが浮き彫りになった。

学生定時を過ぎてすぐに帰れないことは離職の原因につながると思うか聞くと、過半数の56.2%が「思う」と回答し、「特に思わない」は半数未満の43.8%となった。

退社時間は定時を過ぎてからどのくらいをイメージしているか問うと、「1時間以内」が最も多く42.1%。次いで「30分以内」が26.8%、「2時間以内」が19.6%、「定時」が6.0%と続き、19.6学生は2時間以内で退社できるとイメージしていた。

始業時間よりどのくらい前に出社しようと考えているか尋ねると、「30分前」が33.6%、「20分前」が31.1%、「10分前」が23.8%となり、3割学生が始業時間の20分~30分前に出社するイメージを持っていることがわかった。

働き方が進んでいる企業に入社を希望している学生88.9%。同調では「働き方に対して重視している学生は多いことが伺える」と分析している。
(御木本

画像提供:マイナビニュース