歌舞伎の名門・中村屋に密着するフジテレビ系ドキュメンタリー特番『密着!中村屋ファミリー 勘九郎七之助に世界采&7歳5歳涙の猛稽古SP』が、11月9日(19:5721:55)に放送される。

今年の七之助は、数々の大役に抜てき。女方として高まり続ける評価に加え、・勘九郎がNHK大河ドラマの撮影のため、代わって中村屋を支える1年となったのだ。

2月博多演で、人気の「お染の七役」で七役替りに挑戦。5月は、恒例の渋谷コクーン歌舞伎。ここで、かつて、・勘三郎さんに用意されていたあるサプライズを受ける。

6月には、平成中村座がスペインへ。かつて、勘三郎さんが演じていた親獅子を、勘九郎が舞う。8月歌舞伎座の納涼歌舞伎では、七之助が大奮闘。落語名作を新作歌舞伎として演じあげ、絶賛を浴びる。さらに七之助は9月パリ国立劇場での歌舞伎演に中村獅童とともに臨み、スペインに続きフランスでも大采を受ける。

10月は、歌舞伎座での勘三郎七回忌追善演。松本鸚、片岡仁左衛門、坂東三郎など、俳優が勘三郎さんを(しの)び、大舞台に立つ。“歴史的競演”というやかさの中、亡くなった勘三郎さんを思い、涙あふれるある場面も。

そして11月浅草での平成中村座では、勘九郎の2人の息子、勘太郎くんと長三郎くんも、これまでにない重要な役を与えられる。厳しい稽古に挑み、ついにこの大舞台に立つが、演初日となる11月1日、果たして事にやり遂げることができるのか…。

西村チーフプロデューサーは「フジテレビが勘三郎さんとその家族カメラを向けて、実に30年になります。その間に中村屋ファミリーに生まれた喜びと悲しみ、さまざまな出来事を番組は大河のようにつづってきました。このドキュメンタリーは、歌舞伎という伝統芸能継承の話にとどまらない、どなたにも共感してもらえる“大きな家族物語”です。ぜひ、ご家族一緒に見てください」とコメントを寄せている。

(C)フジテレビ

画像提供:マイナビニュース