大人気オタクコメディビッグバンセオリー ギークなボクらの恋愛法則』で物理学博士のシェルドンを演じるジム・パーソンズが、米ABCで新作コメディパイロット版を製作することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】『ビッグバン★セオリー』キャストが番組ファイナルに向けてコメント

『Bless Her Heart(原題)』と題されたパイロット版の舞台はテキサス州。全く性格が異なる母親二人を中心にした多世代家族を描くファミリーコメディで、同州に住んでいたジムの幼少期にインスパイアされた物語になるという。

パイロット版で脚本&製作総指揮を手掛けるのは、シットコム『ママと恋に落ちるまで』で全シーズンにわたり脚本を担ったチャック・テイタム。彼は、『ブル~ス一家は大暴走!』や『モダンファミリー』などでもペンを取っている。

ジムは自身のプロダクション会社That's Wonderful Productionsを通してプロデューサーを務め、同社のトッド・スピーワックとエリック・ノーソフ(『Young Sheldon(原題)』)も製作に名を連ねる。

これまでにジムは、エイズを題材にしたTV映画『ノーマルハート』やコメディ映画『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』などに出演し、近年は米NBCで製作するコメディシリーズ『The Inn Crowd(原題)』や、『Young Sheldon』、映画『A Kid Like Jake(原題)』などプロデューサー業にも力を入れているようだ。

今年の8月には『ビッグバン★セオリー』が、シーズン12をもって終了することが決定し、そのファイナルシーズンが現在米CBSにて放送中。日本では、シーズン10スーパードラマTVにて、毎週金曜日に放送中だ。(海外ドラマNAVI

Photo:ジム・パーソンズ
(c)NYKC/FAMOUS