元SKE48で、現在女優として活躍する松井玲奈が、10月17日発売の「小説すばる」で小説家デビューを果たすことが明らかになった。

 「小説すばる」は多くの直木賞作家を輩出している集英社の文芸誌。同誌に掲載される松井デビュー作「拭っても、拭っても」は、過去恋愛トラウマを抱えたアラサー女性が、前を向くまでをユーモラスかつみずみずしく描き出した短編小説17午前10時には公式サイトで試し読みが掲載される予定となっており、松井は今後も同誌での執筆を見込んでいる。

 幼少期から読書松井は、これまで小説誌へ書評を寄稿したり、有名作の文庫解説を執筆、2017年には脚本家として舞台「あのさ、生まれ変わったら」に参加した経験も。今回の新たな挑戦について、「頭の中にある映像を言葉で人に伝えるのは、とてもエネルギーのいる作業でしたが、どこかで物語の続きを考えて遊んでいた子供の頃を思い出して楽しんでいる自分がいました。書き続けることで、自分の新しい感性に出会える予感がしています」と思いをっている。

 さらに、10月20日に発売される集英社読書情報誌「青春読書11月号には、初めての小説執筆に関する松井エッセイが掲載される。

 1991年生まれ、愛知県出身の松井2015年SKE48卒業後、本格的に女優を進んでおり、ドラマニーチェ先生」「オトナ高校」「海月姫」や、映画『笑う招き猫』『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』などで活躍。現在放送中のNHK連続テレビ小説まんぷく」では、ヒロイン・福子の女学校時代の親友役で朝ドラに初出演を果たした。(編集部・吉田

松井玲奈