20代のうちに会社をクビになる経験をした人はあまり多くないでしょう。しかし、某大手人材派遣会社から転職した男が、ほぼクビ同然の状態で、退職に追い込まれました。

混乱するビジネスウーマン
※画像はイメージです(以下同じ)
 大手人材総合サービス会社で18年間勤務の後、6年前に独立し、延べ2500人の転職サポートしてきたライフプロデューサーの矢加部英達さんは、その原因を「見栄の果て」と摘。

「成果義が染みついてしまった20代男性の可哀相な末路です。自分を大きく見せようとすると、人はどんなことでもやってしまう。反面教師にしてもらいたいですね」

自称、優秀な営業マンの意外な特技

 男の見栄と、その結末はどんなものだったのでしょう。

「某大手人材派遣会社から、同じ業界の会社に転職した有馬元気さん(仮名・28歳)は、履歴書転職前の会社での実績をずらりと挙げていました。クライアントにはでも知っている有名な企業立ち、とても優秀な営業マンであることをアピールしたんです」

 見たは、「ペヤング」のCMにも起用されたふっくらとした落語家、9代文楽にそっくり。温和な雰囲気が漂い、人が良さそうという印を受けます。

「彼の得意技は『泣き落とし』。営業にも、そして一連の“ごまかし”が発覚したときも、これで難を逃れていました」

 有馬さんが転職した会社の営業は、有名企業から広告をもらうと高いインセンティブ生するという仕組み。前職では「有名企業から順に契約ゲットしてきた」としていた有馬さんは、すぐに契約を取ってきます。

契約の半分以上が嘘だった! 営業の空売り

怒られるビジネスマン

「ところが取ってきた契約の半分以上がであることがわかってしまいます。彼の言い訳はこうでした。『期限まで正式に契約に結び付かなくても、めげずに見込み客を取ってきた』と、先走った末の大きなポカですね。でも彼は口がうまいため、営業売りをしたからといって、責められなかったので『今度からちゃんと成約に結びつけます』と開き直っていました」

 これで許されたと思ったのか彼の営業売りはさらにエスカレート。さらに、普段の勤務態度にも徐々に緩みがちになります。

「遅刻も多くて、悪びれることなく『今起きました』と会社に電話したことも。さらに、出社していないことを確認した上携帯で呼び出すと、『別れた妻が突然やってきて、口論になっているうちに、妻が投げつけた皿が頭にあたって、気絶してしまいました』と。喫煙者ではない彼の部屋になぜ皿があったのか。すぐにバレてしまうヘタな言い訳でした」

 遅刻は社会人として恥じるべきこと。だが有馬さんには、反の色すらなかったそうです。

「しかも年中、『カネがない』と言いながら、クラウンなど500万円以上の高級を乗り回していたんです。中古かもしれないけど。明らかに借の理由は、彼の見栄っりが原因ですよ」

ふっくら

 そしてとうとう複数の伝票が元で、懲免職になってしまったのです。冒頭部分で紹介した営業成績も実は、大きい数字を口にしたものの、半分も達成しなかったそうです。

見えっ張りなビジネスマンが生まれる理由

「前職の大手人材派遣会社でも、同じようなことをやっていたのでしょう。インセンティブがもらえるほどの営業成績もなく、達成できない自分へのジレンマもあって、見栄をるしかない。本人は、かなり孤独だったと思いますよ」

 なぜ、有馬さんのように、仕事で見栄っぱりになってしまうのでしょうか。矢加部さんはこう破します。

「これまでの人生で、頑ったらできた! という達成感がなかったからです。人は成功体験を積みながら『次はこれを達成しよう』というやる気が出てきます。やる気モチベーションを促し、さらに成功体験を増やします。たとえ失敗したとしても、失敗しない方法を模索したり、考えたりと、努していくものです。やがて次にトライアルしたことが成功すると、さらに成長する。このプラスの方向にいけなかったのは、彼の弱さにあるのでしょう」

 弱い人間だからこそ、見栄をり、をつき、結果的に居場所を失ってしまう。かっこ悪さを引き起こしてしまうのです。さて気になる有馬さん。今はどうしているのでしょう。

「2年ぐらい前のSNSでは、地方の同業他社に入社し、支店長など活躍しているなどの投稿がありましたが、それ以降は更新がありませんね」

 また、同じことを繰り返していなければ良いのですが……。みなさんも見えっりな人には注意しましょう。

<取材・文/夏目かをる イラスト佳奈

【夏目かをる】

コラムニスト、作家。2万人のワーキングウーマン取材をもとに恋愛婚活結婚テーマに執筆。難病後に医療ライターとしても活動。ブログするブログ、のような気分で♪」