シボレースポーツカーコルベット」次期プロトタイプが、ニュルで高速テストを行いました。高速で攻めるあまり、後輪が一宙を飛びました。

詳細画像はこちら

ニュルで捉えた新の開発車両を、一緒に訪れている現行モデル「C7」と較すると、その違いが明らかです。ロングノーズの「C7」に対し新は切り詰められています。またサイドには、ミッドシップエンジンを冷却する大エアクープも見られます。

詳細画像はこちら

心臓部には、最高出500psを発揮する6.2リットルV型8気筒LT1のアップグレード版、最高出600psを発揮する4.2リットルV型8気筒ターボ、そして最高出850psと伝えられる5.5リットルV型8気筒ツインターボエンジンラインアップが予想されます。そしてハイエンドモデルには、ツインターボ200ps電気モーターを組み合わせ、最高出1000ps叩き出すハイブリッドモデルなどが噂されています。トランスミッションには、最新の10速ATが予想されます。

詳細画像はこちら

また、新「C8」には商標登録が了している「ZORA」(ゾーラ)の名が付けられる可性が高いようです。これは初代「コルベット」産みの親であり、伝説エンジニアとも伝えられる、ゾーラ・アンカスダントフ氏から由来しています。また高性モデル「ZR1」も同氏のイニシャルから引用されています。

最新情報では、2019年1月のデトロトモーターショーでのワールドプレミアが有とされています。

APOLLO

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

新型コルベットがニュルで宙を飛ぶ!車名に「ZORA」の新名称も?(http://clicccar.com/2018/10/12/636920/)