東京 12日 ロイター] - 東京市場日経平均は反発した。米国式が続落した流れを受けて大幅安で始まったものの、休み時間中に発表された9月中国貿易統計で輸出が予想を上回る伸びとなったことが安心材料となった。その後、中国数先物が堅調に推移したことにも支援されプラス転換した。

きょうは10月日経平均オプションSQ(特別清算数)算出日で、先物やオプションを絡めた需給要因もあり、方には下落幅が一時260円をえたがその後、下げ幅を急速に縮めた。直近売り込まれていたファナック<6954.T>や東京エレクトロン8035.T>などに買い戻しやバリュエーション面での見直し買いが入り数を支えた。

前場の取引で下げ渋っていたところに9月中国貿易統計でドル建て輸出が前年14.5増と予想を上回る伸びになったことが伝わり「中の貿易戦争が数字に表面化していないということでリバウンドした」(SB券の投資調部長鈴木英之氏)とのが出ていた。

後場には中国数先物が堅調に推移するのを眺めてプラス圏に浮上。週末前のポジション調整で買い戻しも入って、大引けにかけて上昇に勢いがついた。

TOPIXは0.03高と小幅に反発。業種別では、その他製品、機械情報通信などが値上がり率上位にランクイン。半面、保険、陸運、電気ガスなどが売られた。

1部の騰落数は、値上がり1130銘柄に対し、値下がりが926銘柄、変わらずが53銘柄だった。

日経平均<.N225

終値      22694.66 +103.80

寄り付き    22323.43

安値/高値   22323.43─22711.13

TOPIX<.TOPX>

終値       1702.45 +0.59

寄り付き     1689.50

安値/高値    1687.18─1704.97

出来高(万) 168884

売買代(億円) 33416.54

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

 10月12日、東京株式市場で日経平均は反発した。米国株式が続落した流れを受けて大幅安で始まったものの、昼休み時間中に発表された9月の中国貿易統計で輸出が予想を上回る伸びとなったことが安心材料となった。写真は東京証券取引所で11日撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)