九州電力は12日、太陽の発電事業者に対し、発電の一時停止をめる「出制御」を13日に実施すると発表した。電の供給が需要を上回り、大規模停電が起こるのを回避する。停止要請は、離を除き、内で初めてとなる。

 九州地方では13日はが見込まれ、太陽の発電量が急増すると予想される。一方、の過ごしやすい季節で冷房の利用が減る中、土曜日で工場などの稼働が少ないため、電使用量は平日べ大幅に減少する。

 電供給が需要を上回り、需給バランスが崩れれば、大規模停電の原因となる。出制御により、過剰な発電を抑え、需給バランスを維持する。

 九電によると、制御するのは午前9時から午後4時。余剰電がピークに近い午後1時の需給予想では、揚発電や他地域への送電に使う電を含めた総需要は1250万キロワット。これに対し、制御しない場合の供給1293万キロワットになる。 

写真説明〕13日に行う太陽光発電の出制御について説明する九州電力の和仁寛・電輸送本部部長=12日午後、福岡市

13日に行う太陽光発電の出力制御についてする九州電力の和仁寛・電力輸送本部部長=12日午後、福岡市