初期の肺がんであることを表した落語家三遊亭円楽さん(68)が、手術を終えて退院し、報道の前に元気な姿をみせた。

約3か前に亡くなったばかりの桂歌丸さんを引き合いに出し、がんだと分かった際には「師匠が呼んだんじゃないかと思った」とし、「『ふざけんな、じじい!』って言ったよ」と、人気番組「笑点」でのかつての「毒舌バトル」を彷彿とさせるりを披露し、記者らを笑わせていた。

退院後、メディア取材に応じる

円楽さんは2018年10月12日午後、色の長袖シャツ姿で報道の前に姿をみせた。肺がんの手術のため約1週間入院していたが、11日に退院。この日、自身で運転するから降りたところで取材に応じた。時折笑顔を見せながら、手術は「大成功」だったと説明し、転移もないそうだ。話が「がんだと分かった時の心」に及ぶと、

「オレは歌丸師匠に呼ばれた、と思ったもん」

と、7月に81歳で肺炎のため亡くなった歌丸さんに触れると、周囲の記者らからは「ハハハハ」と、はっきり聞こえる笑いがもれた。歌丸さんが亡くなった直後に放送された「笑点追悼特別版で、自身が「すぎるんだよ、じじい!」と呼びかけたことにも触れつつ、

「今度は、歌丸師匠が(オレを)呼んだんじゃないかと、『ふざけんな、じじい!』って、まじで言ったよ。笑点なみに」

笑顔った。円楽さんの「じじい!」発言は、歌丸さんが生前に「笑点」へ出演していた頃に何度も飛び出し、2人の絶妙な「毒舌バトル」のひとつの徴ともいえる言葉だ。

 

しかし、話はそこでは終わらなかった。こうして事に手術を終えたことで、

「戻ってこられたということは、歌丸師匠が呼んだんではなくて、(がんを)見つけてくれたんだって思ってるんだよ。お前はまだ、こっち来ちゃいけない、とね」

と、「じじい」から一転、感謝の言葉に。がんの発見が遅れたり、見逃されたりしていれば、

「向こう(あの世)へ行ってたかも。進行いから」

と、しみじみとした様子でった。先ほどまでを出して笑っていた記者らも、静かに聞き入っていた。

「落語界へ恩返しをしていきます」

 

今後も治療が続くのか、などの点については、検結果をうけて10月末に医者と相談するという。円楽さんは

「根治して、ちょっと長になるかな、と思いますけれど、あと12、3年は(落語を)やらしてくれる状況が出てきた」

として、「落語界へ恩返しをしていきます」と強く宣言した。は多少かれていたが、管を入れるなどした影で、「疲れでかすれている」だけだと説明していた。

円楽さんは、9月28日に所属事務所を通じて初期の肺がんであることを表。その後もメディアには顔を出し、入院直前の10月2日にもNHK「ごごナマ」に生出演。「ご心配頂いてますけど、快調でがうまい」と元気な様子をみせていた。

今回、こうした様子が「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)などで放送されると、ツイッターには

「元気そうでよかった」

と安心するや、

「歌丸の誘いに乗っちゃダメだよ」

と冗談めかして応援する反応も出ていた。

手術を終え、元気な姿をみせた三遊亭円楽さん(2016年6月撮影)