スマートフォン向けゲームアプリの「ポケモンGO」を開発、運営するナイアンティックは12日から、AR拡張現実)などを用いた体験展示の開を始めた。同日に六本木ヒルズで始まった「INNOVATION TOKO2018」への出展。聴覚を使った新しいゲームポケモンGO AR庭園」などが紹介された。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

ナイアンティックが六本木ヒルズで展示している「ポケモンGO AR庭園」。「鳴き声」を頼りに捕獲したポケモンは毛利庭園内の芝生に呼び出し、スマートフォン上で現実空間と融合させて、遊ぶことができる=東京都港区の毛利庭園で2018年10月12日、大村健一撮影