モスバーガー」を展開するモスフードサービス東京都品川区)は10月12日韓国モスバーガー店舗で、「安心してお召し上がりください。モスバーガーコリア日本産の食材を使用しておりません」と韓国語で書かれたトレーマットを使用していたことを表、「誤解を招く表現だった」と謝罪しました。トレーマットは、合弁会社のモスバーガーコリアが今年4月9月中旬に使用し、現在は使われていないそうです。

「表現が不適切だった」と反

 公式サイトなどで発表したもの。モスフードサービスによると、今年2月以降、モスバーガーコリア運営する韓国モスバーガーの店舗について、「輸入規制がかかっているはずの日本食材を使用している」との誤情報韓国内で流れ、SNSを中心に批判が相次いだとのことです。沈静化のため、4月9月中旬、韓国内の13店(8月末時点)で「日本産の食材を使用していない」などと書かれたトレーマットを使っていました。

 その後、誤情報の流布が沈静化したことから、現在は通常のトレーマットを使用。しかし、日本10月上旬、SNS上でトレーマットの表記が話題となり、「不安に思うなら、産地を表示すればいいだけ」「モス日本の農産物が危険だと思っているのか」「日本産食材の風評被害を助長している」と批判が上がったことから、謝罪文を掲載したそうです。

 モスフードサービスは発表文で「『安心してお召し上がりください。モスバーガーコリア日本産の食材を使用しておりません』という表現が、日本国内の皆様よりご批判を頂いていることを摯(しんし)に受け止めております」と謝罪、「誤った情報の流布を払拭するための緊急の表記だったとはいえ、誤解を招く表現だったと反しております。今後、このようなことがないよう、チェーン本部として導を徹底してまいります」としています。

 東日本大震災福島第一原発事故以来、日本産食材についての「風評被害」が問題となっています。モスフードサービスの広報担当者は「日本の皆さんが読むと不快な文章だったと思います。今後、このようなことがないようにします」と話しています。

報道チーム

トレーマットの表現についてのツイート(モスフードサービス公式ツイッターより)