モデル滝沢カレンさんの「洋屋さんの掛けはいらない」発言がネット上で共感を呼んでいる。

J-CASTレンドは、「かけ不要バッグ」を2017年5月に導入して注を浴びたセレクトショップURBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」を取材。利用者の反、接客で心がけていることを聞いた。

声をかけてこない店に行くとの意見も

2018年10月3日放送のトークバラエティー番組「ナカイの窓」(日本テレビ系)に出演した滝沢さん。この回では「断捨離」と題して、いらないものを発表した。滝沢さんが挙げたのは「洋屋さんの掛け」だ。「堂々とを選びたい」「途中で止められたくもない」として、店員掛けは不要だと訴えた。

「ひとつでもハンガーを手にとるとか、ちょっとの動きで『何色がお好みですか?』とか『パンツをお探しですか?』とか。私パンツなんて探してないし...」

これにはタレント中居正広さん、お笑いコンビ南海キャンディーズ」の山里亮太さん、「ハリセンボン」の近藤春菜さん、タレントモーリー・ロバートソンさんも賛同した。放送終了後、女性匿名掲示板ツイッターでも共感のが相次いだ。中には「をかけてこないGUやユニクロに行く」との意見もあった。

声かけ不要バッグ「ネットでは賛否両論ありますが...」

アーバンリサーチは18年10月現在23店舗で「かけ不要バッグ」を導入している。ブルーのショッピングバッグを持っていると、店員からをかけられない仕組みだ。10月9日、アーバンリサーチの広報に利用者の反を聞いた。

ネットでは賛否両論ありますが、利用者の方からは好評をいただいております。『客側からを掛けるのは歓迎という点が良い』『他の店舗・ブランドにも広げて欲しい』といった内容の意見が本社に寄せられた他に、『バッグの形なので、試着したい商品をどんどん入れる事が出来て良い』『久し振りの夫婦(親子)いらずでのショッピングだったので、邪魔されずにゆっくり楽しめて感謝』『小さい子供を連れているので、時間も限られているしペースも乱されがちなので、自由にさせてくれるのが良かった』などと店頭にて直接お礼を言っていただくケースもございました」

だが、中には逆に「をかけてほしい」人や、さまざまなタイプの客がいるだろう。アーバンリサーチでは、接客内容に関する特別なマニュアルは存在せず、「あくまで、お客様それぞれに合った寄り添った接客」をしているとのことだった。<J-CASTトレンド>

秋服を披露する滝沢カレンさん (画像は本人のインスタグラムより)