ロンドン 12日 ロイター] - 英政府は、プラグインハイブリッドPHV)購入者への助成金縮小の方針を打ち出した。全な電気自動車EV)に焦点を絞ることが的だが、すでに販売低迷に直面する自動車業界からは反発のがあがっている。

走行距離1キロメートルあたりの二酸化炭素排出量が50ラム未満でゼロ・エミッションの走行レンジ70マイル以上のPHV購入の助成金は、22削減され3500ポンド(4630ドル)となる。

走行距離1キロメートルあたりの二酸化炭素排出量が最大75ラムでより短いゼロ・エミッションの走行レンジの場合は、助成金の対外となる。

新たな方針は来実施の予定。

政府は「三菱自動車の『アウトランダー』などプラグインハイブリッドへの人気が高まっているが、政府は日産自動車の『リーフ』やBMWの『i3』のようなゼロ・エミッション焦点を当てている」との明を発表した

自動車工業会(SMMT)のマイク・ホーズ最高経営責任者(CEO)は「時期尚な助成金止は需要に深刻な影をもたらす」と懸念を表明した。