ドイツ世界に誇るサーキット「ニュルブルクリンク」で、すべてのコーナードリフト攻略したビデオYouTube開されました。コーナー間の短いストレート直ドリやスピンで繋ぐ妙技も披露しています。

【画像】ドローンを使った迫力満点のカット

 企画したのはエナジーリンクで知られるモンスターエナジードライバーには全ドリフト選手権でシリーズチャンピオンを獲得した実績があるヴァン・ギッティJrが起用されました。

 挑戦に使われたマシン2018年フォード・マスタングベース改造を施したもので、フォードパフォーマンス製5.0リッターアルミネーターXS”エンジンを搭載。ヴォーテックス製セントリヒューガルスーパーチャージャーを載せて、最高出900というモンスターマシンに仕上げられています。

 ニュルブルクリンクは多くの自動車メーカー開発中マシンテストコースに使うなど、モータースポーツファンだけでなく、自動車興味がある人に広く知られていますが、起伏によって先が見えないといった危険なコーナーが多く、ドライバーの腕と勇気が試され、臆病者は容赦なく地獄叩き落とされる難関コース。それらのコーナーをすべてドリフトで駆け抜けるというのは、もはや神業というほかにないでしょう。

 開された映像ではマスタング煙を巻き上げながら各コーナー麗なドリフトで駆け抜けていく姿がたっぷりと収められており、コース上に描かれる煙の軌跡には思わずうっとりコーナー間のストレート直ドリで繋いだり、コーナーのかなり手前から360°スピンに入ってドリフトへ繋ぐといった妙技も披露され、ドリフト好きにはたまらない映像となっています。

 わずかなロングストレートを除けば、12.9マイル(約20キロ)のコースをほぼ常時ドリフト状態で駆け抜けていったヴァン・ギッティJrの挑戦は、YouTubeアップされた動画「Vaughn Gittin Jr. - Drift King of The Ring [Extended Cut]」でたっぷりと見られます。内から、ドローンから、コースからと、いろんなアングルで撮影された映像で構成されていて、見応えのあるビデオとなっています。

全米ドリフト王者がニュルブルクリンクをドリフトで駆け抜ける