椎葉ナナの人気コミック実写映画化した『覚悟はいいかそこの女子。』の初日舞台挨拶が、10月12日新宿バルト9で開催され、中川大志、唐田えりか伊藤健太郎甲斐若林時英、小池徹平井口監督が舞台挨拶に登壇。映画にちなみ、が一番ヘタレで、が一番されキャラか?ということで和気あいあいとクロストーク中川は「されてますね。たち。客席を見たら」と、ファンたちで埋め尽くされた会場を見て満足気な笑みを見せた。

【写真を見る】ヒロインを務めた注目の美少女・唐田えりかの全身ショット

それを受け、伊藤中川に「言ったあとに『言ってやったぜ』という顔をしたね」とツッコミを入れ、会場の笑いをとった。

中川先生役の小池について「本当に先生のように、全く気を遣わせることなく盛り上げてくださった。とにかくスマートで、見習いたい」と絶賛すると、小池は「褒めてもなにも出ないから」と苦笑い。唐田も「徹先生はずっと優しかったです。ずっと爽やかで」と続け、全員小池を称えた。

最後に中川は「事に開日を迎えることができてたちもホッとしてます。たくさんの方に届けられるように。何回でも観ていただけたら!」と強く締めくくった。

『覚悟はいいかそこの女子。』は、“イケメン”だけど恋愛経験ゼロ、かつ“究極ヘタレ”の主人公古谷斗和(中川大志)が、人生で初めて本気の恋に落ちた三輪(唐田えりか)を振り向かせようと奮闘する痛快青春コメディ。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

『覚悟はいいかそこの女子。』で主演を務めた中川大志