「こんなにブランドプロデュースをさせていただけるとは思ってなかったです。私の標でもあるファッション誌の専属モデルになって、もっと知名度が上がって……など、“その先の話”だと思っていたので本当にうれしいです!」

 NMB48村瀬紗英が、アパレルブランド『ANDGEEBEE(アンジービー)』のプロデューサーに就任し、都内で展示会を開いた。形から生地、デザインなども手がけ、「ムラセンス」を惜しみなく発揮した数々の洋が披露された。

「初期の段階から関わらせてもらっています。こんなものが作りたいと提案したものを絵に描いてもらって、そこからまた調整して……ただただ私が好きなツボを意識してます」

村瀬自身、イチオシだという柄のスカート

 日本最大級のファッションコーディネートサイト『WEAR』では、日々ライフワークとして私写真開している村瀬。約2年で59万人以上のフォロワー数を獲得しているだけに、その手腕が注される。

「普段着にそこまでこだわってないという人も、着やすさや組み合わせ、ポイントをおさえたので1枚でもおしゃれになれると思います。ぜひ着てみてほしいです!」

ブーツプロデュースも手がけた

オリジナルロゴも遊び心が満載だ。

モチーフはフェネットです。『PRODUCE48』に参加していたときに、“キツネに似てるね”って言われたので、そこを意識しました。顔つきを自分に似せています(笑)

村瀬考案のロゴ。確かに表情が似ている!

 洋メイン層は10代後半~20代後半の女性。しかし、パーカーなど男性が着られるものも。「ユニセックスものもあって、男性も着られますし、今後も増やしていく予定ですので今後もぜひチェックしてください!」

 最後に、「NMB48メンバーだったらに着てほしいか?」と聞くと、

NMB48メンバーだったら……やろ!? あんまり意識してなかったってくらい、ただただ私のツボを意識したので(笑)。でも、メンバーにも着てほしいですね。(間)美ちゃんがパーカーを着てくれて、“みんなのレッスン着がコレになる”って言ってくれました(笑)

 これらの洋は、11月1日から、ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』にて販売開始。ぜひチェックしてほしい!

EXweb