映画ボクボククジラクジラで、泳いでいる。」の完成披露上映会10月11日に都内で行われ、初演を務めた矢野人をはじめ、武田奈、岡本玲藤原知之監督が舞台あいさつに登壇した。

【写真を見る】岡本玲は緑色のワンピース姿で登場

本作は、和歌山にあるクジラだけを飼育している「太地町くじら博物館」を舞台に、クジラする青年鯨井太一をリーダーとし博物館を盛り上げていく様子を描いたクジラと人間の奮闘記。映画演となる矢野が、実在するクジラ博物館を支えるため、悩み挫けながらもクジラをひたむきにする太一の心の葛を演じている。

武田奈は映画館リセット

舞台あいさつでは、映画の内容に合わせ「挫折の乗り越え方」についてのトークを展開した。

矢野は「つまずいたり、行き詰まったときには、自分を応援してくれる人や支えてくれる人を思い出します。『そういう人たちがいるから頑らなきゃな』って思い、もっと上に行かなきゃ、こんなところでつまずいている場合じゃないなって、一度自分を鼓舞して乗り越えています」とコメント

「あとは、一回ゼロになるというか、『もう、何でもいいや!』ってなってから再スタートするみたいな。自分の中でリセットする、気持ち的な部分ですね」とった。

また、武田は「考えれば考えるほど頭の中がぐちゃぐちゃになってしまうので、自分が一番落ち着ける映画館に行って、映画を見ながらになることですね。そこでリセットして、またモチベーションあげて『頑ろう!』って思っています」と言い、「左側の後ろの方の席が好きなんです。見終わって帰っていくお客さんの顔を見るのが好きです」と映画好きの武田らしい方法を明かした。

に打たれながら号泣

一方、岡本は「この間、行に行きました」と突然告白

「自分の甘さだったり、一回ちょっと生まれ変わりたいと思って(笑)。前の日が大だったんですけど、宮さんに確認したら『全然大丈夫だよ』と言うので行ってみたら、ものすごいの量で。事務所後輩仕事で行った場所だったんですけど、後輩がやったときの50倍ぐらいのの量でした。姿勢などちゃんと教わって3回くらい入ったんですけど、『私、死ぬ!』って思うくらいの痛さで、息ができなかったです。『私ってなんて弱い人間なんだ』って思い、に打たれながら号泣していました」。

登壇者や観客を驚かせた岡本だったが、「でも、『人間なんて弱い』『私なんて大したことないんだ』って思ったら、難しいことは考えず、『じゃあ、頑ればいいんだ』って前向きになれました。自然の偉大さを感じましたね」と、行によって得たものがあった様子。

MCの「また行きますか?」という質問に、岡本は「邪気がたまれば」と答えたが、武田から「うちの(空手の)場に来なよ。いっぱい殴れるから」と誘われると、「押!」とまんざらでもない表情を見せていた。

本作は、10月12日()より和歌山で先行開、11月3日(土)よりシネ・リーブ池袋ほかで全開される。(ザテレビジョン

滝行の体験を語り始めた岡本玲