■発売は11月22日より

 マツダは11日、クロスオーバーSUVマツダCX-5」の商品改良モデルの予約受注を開始した。発売は11月22日。また、「CX-5」の最上級グレードとして、特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」の受注も同時に開始した。

【こちらも】マツダのロータリーエンジン復活 レンジエクステンダーEVに最適

■攻め続けるマツダの商品改良

 2月に大幅な商品改良を行ったばかりのCX-5だが、早くも前回を上回るほどの商品改良を行った。マツダユーザーは大変だが、マツダは攻め続ける姿勢を崩すつもりはなさそうだ。今回の目玉は2.5L直噴ターボエンジン搭載車「2.5T」の新設定だ。

■「SKYACTIV-G 2.5T」を設定

 今回の商品改良では、2.2Lクリーンディーゼルエンジン、2.0Lと2.5Lのガソリンエンジンに加え、マツダの国内向け車種として初めて2.5Lの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンSKYACTIV-G 2.5T」を設定。最高出力169kW(230PS)のパワーと、最大トルク420N・m(42.8kgf・m)というV8自然吸気エンジン並みのトルクを発生させ、低速から中速、さらには高速域まで力強く上質な走りを実現した。

 これは、これまでの2.5Lエンジン車の最高出力138kW(188PS)と最大トルク250N・m(25.5kgf・m)を大きく上回るのはもちろんのこと、高トルクが特徴の2.2Lクリーンディーゼルエンジンの450N・m(45.9kgf・m)に迫るトルクも直噴ガソリンターボエンジンの特徴になる。

■「G-ベクタリングコントロールプラス」の採用とXDに6速マニュアル

 さらに、「G-ベクタリングコントロール(GVC)」は、ハンドルを戻す際の制御を追加した「G-ベクタリングコントロールプラス(GVC プラス)」へと進化、高速走行での車線変更時や滑りやすい路面での車両の挙動をさらに安定させた。これは、今後他のマツダ車にも拡大採用される技術だ。

 また、クリーンディーゼルエンジンSKYACTIV-D 2.2」搭載車には、新たにクラス唯一となる6速マニュアルトランスミッション車を追加設定し、操る楽しさをSUVにも付与している。

 安全装備では、夜間歩行者検知機能を追加。360度ビュー・モニターを特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」に標準設定、全機種にメーカーオプション設定される。さらに、コネクティビティシステムマツダ コネクト」がマツダとして国内初採用となるApple CarPlayアップルカープレイとAndroid Autoに対応する。また、エアコンパネルデザインと各種スイッチ・ダイアルのデザインを一新し、質感と操作性を向上させた。

■最上級モデル「エクスクルーシブ・モード」は365万400円から

 今回、XDと2.5Tに最上級モデルとして設定される特別仕様車の「エクスクルーシブ・モード」は、高品質のナッパレザーや本杢パネルといった素材を採用し、モダンさと温かみを兼ね備え、新たな「所有する歓び」をCX-5で提供する。

 CX-5の価格は257万400円から、新設定された2.5L直噴ガソリンターボエンジン搭載車は332万6,400円から。そして特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」は365万400円からとなっている。

マツダ「CX-5」の商品改良モデル、11日より予約受注を開始