【北京時事】日本中国の大手企業経営者らによる「第4回日中EO(最高経営責任者)サミット」が11、12の両日、北京内のホテルで開かれた。日中の経営者が、東南アジアなど両以外で協していく方法などを意見交換した。安倍晋三首相による25~27日の訪中に弾みがついた形だ。

 日中EOサミット福田康夫首相の呼び掛けで2015年に始まり、東京北京で交互に開催。今年は世界で貿易摩擦が化する中、第三でのインフラ整備に向けた連携などが話し合われた。出席者によると、交渉中の日本中国韓国自由貿易協定(FTA)に加え、日中間のFTAを検討するべきだとの意見も出た。 

写真説明〕北京内で開かれた日中EOサミット=12日

北京市内で開かれた日中CEOサミット=12日