2017年Anime Expoプロジェクトの立ち上げが発表されていた今石洋之監督中島かずき脚本コンビの最新作「プロメア」が、2019年に劇場開されることがティーザービジュアルPVとともに発表されました。

【動画】制作スタッフからのコメント色紙

 同作は、テレビアニメ天元突破グレンラガン」「キルラキル」で知られる今石&中島コンビの最新作で、このコンビによる初のオリジナル劇場長編作品。Anime Expo 2017では円谷プロとのコラボ企画となる「グリッドマン」(2018年10月から放送)や、A-1 Picturesと共同制作となる「ダーリン・イン・ザ・フランキス」(2018年放送)と合わせて発表されていました。

 “世界炎上”というキャッチコピーが添えられているティーザービジュアルでは、燃え上がるビル群や正体不明のキャラ背景に、火消しをイメージする“マトイ”を手にした主人公とみられるキャラクターが確認できます。

 アニメーション制作TRIGGERで、スマホゲームモンスターストライク」を「ソラノカナタ」として映画化したXFLAG製作に加わっていることは明かされていましたが、制作スタッフ明らかに。キャラクターデザインディズニー映画ベイマックス」のコンセプトデザインを手掛けたコヤマシゲトさん、音楽は「進撃の巨人BGM」などで知られる澤野弘之さん、美術監督は「メアリ魔女」の久保友孝さん、3DCGパートサンジゲンが担当します。今石監督中嶋さん、コヤマさん、澤野さんはこの発表に合わせてコメントを寄せています。

コヤマシゲト描き下ろしの「プロメア」ティーザービジュアル (C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG