日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕選手強化本部長は12日、内競技団体の強化責任者らと東京都内で開いた会議で、2020年東京五輪の代表選考について「透明化を大事にしてもらいたい」と訴えた。過去に選考基準の曖昧さを摘された競技団体もあり、今年相次いで発覚したスポーツ界の不祥事ではガバナンスの強化がめられている。山下氏は「めに基準を開、周知し、それに従って選考していくのは、的な組織として極めて大切」と呼び掛けた。