フラッシュアニメクリエティブを追求すること、お金を稼ぐことは両立できるのか。Flashの開発と提供終了が刻一刻と近づく中、「フラッシュアニメは死んだのか!?」をテーマに、『秘密結社鷹の爪』で知られるFROGMANら、現役クリエイターが集結するイベントが開催する。

【大きい画像を見る】「フラッシュアニメは死んだのか!? ~本音で語るアニメとカネ~」


独立系のアニメクリエイターを中心に開催されるトークや上映のイベントSplash!」。
今回は「フラッシュアニメは死んだのか!? ~本音でアニメとカネ~」をテーマFROGMANをはじめ、A.e.Suck、ルンパロ・チータ、春日木、青木隆志山本雄三、高達俊之と、フラッシュアニメ明期から活躍するクリエイターが集結。20年のフラッシュアニメ総括し、それぞれの視点で縦横尽にり尽くす。

フラッシュアニメは死んだのか!? ~本音でアニメとカネ~」は、2018年11月24日佐ヶロフトAにて開催。また現在、特設サイトにてキービジュアルモチーフとした、フラッシュゲーム無料提供中だ。

【開催概要
イベント
フラッシュアニメは死んだのか!? ~本音でアニメとカネ~
◆日時
2018年11月24日(土)
・開場17:30 開始18:30
◆会場
佐ヶロフトA
東京都杉並区南1-36-16ーB1
◆価格
・前売り:2000円
・当日 :2500円
(ともに飲食代別・要1オーダー500円以上)
※前売り券はe+(イープラス)にて発売中!

[アニメアニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]【ほかの画像を見る】「フラッシュアニメは死んだのか!? ~本音で語るアニメとカネ~」

「フラッシュアニメは死んだのか!? ~本音で語るアニメとカネ~」