中国の昨年の研究開発費(R&D支出)は前年1929億4000万元増(12.3増)の1兆7606億1000万元(約12兆1700億円)に達し、伸び率が前年で1.7ポイント増加したことがこのほど明らかになった。また、R&D支出投入強度(R&D支出がGDPに占める率)は再び記録を更新して2.13に達し、前年より0.02ポイント増となった。人民日報が伝えた。

その他の写真

国家統計局と中国科学技術部、中国財政部は9日、「2017年科技経費投入統計報」を共同発表した。中国科学技術発展戦略研究院科技統計・分析研究所の朱迎(ジュウ・インチュン)副所長は次の2つのデータに注した。まず、R&D支出が12.3増加し、R&D支出投入強度が2.13に達した点。次に、基礎研究経費が占める率がさらに上昇し、伸び率がこの5年間で最高となった点だ。
国家統計局社科文鵬(ジャンポン)シニア・アクチュアリーは、先進国べ、中国のR&D支出には次の4つの特徴があると分析した。
(1)支出の総量で、米国との格差を毎年縮小している点。中国のR&D支出は2013年に初めて総量で世界2位になり、世界一米国の約4割を占めた。2017年にはこの率が6割近くまで達する見通し。
(2)支出の純増がすでに経済開発機構(OECD)加盟の総量を上回っている点。中国2016年のR&D支出は1506億9000万元の純増で、同期のOECD加盟の合計は人民元換算で約973億7000万元のため、約1.5倍となった。
(3)支出の伸び率が世界一キープしている点。中国のR&D支出の2013−16年の年均成長率は11.1で、同期米国は2.7EUは2.3日本は0.6
(4)投入強度が中等先進国準に達している点。中国2016年のR&D支出投入強度は2.11で、OECD35加盟べると、12位フランス(2.25)と13位のアイスランド(2.10)の間となっている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

中国の昨年の研究開発費は前年比1929億4000万元増(12.3%増)の1兆7606億1000万元(約12兆1700億円)に達し、伸び率が前年比で1.7ポイント増加したことがこのほど明らかになった。資料写真。