ガリットチュウ・福島善成といえば、日本テレビ水卜麻美アナウンサーや、俳優船越英一郎をはじめとする、そっくりすぎるモノマネメイクで話題だ。

そんな彼が、藤井聡太七段のモノマネに挑戦。しかし、その出来栄えがインターネット上で物議を醸している。

■対戦相手から見た、藤井七段

10日、福島は自身のインスタグラム更新し、モノマネの新ネタを披露した。

福島はこちらの投稿に…

「画像は『対戦相手にはこれぐらいに見える藤井七段の一手』です」

コメント。巨大な「大将」の駒を使い、藤井七段の強さを表しているようだ。また、「将棋会館」にチェックインしているなど、芸の細かさも際立っている。

■「酷い」「怖い」と酷評

これまで、巧みなテクニックを活かして、本人そっくりに変身してきた福島。しかし、今回に至っては「微妙」な仕上がりに酷評が相次ぐ事態に。

・こりゃ酷い

・ちょっと理があったかもね

福島さん、いつもおもろくて大好きなんやけどこれはちょっとまずいかも

・たしかにこれだと恐い…

・似てない。若干バカにしてる感がある

ホラー感プンプン

藤井七段が未成年であることもあり、「ネタにすべき人ではない」といった摘もあげられている。

■「 似てないけど面白い」

一方で、歴代の傑作ほどの完成度ではないものの「面い」「笑ってしまった」といった立つ。

・チャレンジをかいますよ

バカリズムに似てる

・何故だろう。全然似てないのに凄い面

・面すぎて対戦出来ないw

中には、藤井七段ではなく「バカリズムに似ている」というや、「チャレンジを買います」とフォローする人も。

似ているかはさておき、着眼点やチャレンジファンにはウケているようだ。

・合わせて読みたい→『24時間テレビ』武道館前にいた「手越祐也」が話題 「似ててイラッとする」

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

ガリットチュウ福島、藤井聡太七段のモノマネ 「これは酷い」の声相次ぐ