【ロンドン時事】スウェーデンジャーナリストらでつくる団体は12日、今年のノーベル文学賞の発表見送りを受けて設けた代替賞「ニューアカデミー文学賞」を、カリブに浮かぶフランス海外県グアドループ出身で、歴史小説「セグー」などの作品で知られる女性作家マリーズ・コンデ氏に授与すると発表した。

 同団体は作家村上春樹氏ら4人を最終補に選出。村上氏はノミネートの辞退を申し出た。

 ノーベル文学賞は選考機関スウェーデンアカデミー」関係者のスキャンダル背景に発表が見送られた。代替賞は今年限りで、来年は本家が復活する予定だ。 

写真説明〕フランス海外県グアドループ出身の作家マリーズ・コンデ氏=2015年5月ロンドン(AFP時事)

フランス海外県グアドループ出身の作家マリーズ・コンデ氏=2015年5月、ロンドン(AFP時事)