12日の東京市場日経平均株価は2営業日ぶりに反発し、前日終値10380銭高の2万2694円66銭で取引を終えた。この日発表された中国経済統計などを材料中国が上昇に転じたことなどをきっかけに、東京市場でも世界同時安で前日に大幅に下げた銘柄を割安感から買い戻す動きが広がった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら