【大きい画像を見る】ウェストバージニア州が『Fallout 76』とコラボ! プロモーションイベントや限定ツアーを計画

ウェストバージニア州知事Jim Justice氏およびウェストバージニア観光局は、同州を舞台にした新作オープンワールドゲームFallout 76』の販売を促進するためにBethesda Softworksとのパートナーシップを締結したと発表しました。

Your #AlmostHeaven adventure to @Fallout begins now. #Fallout76https://t.co/V0qdxWoM0A pic.twitter.com/mJJnssbyqM— West Virginia Tourism (@WVtourism) 2018年10月11日
観光局はウェストバージニア州のユニーク観と文化をプレイヤーに伝えるための広告戦略を作成し、今後数カにわたってオープンな招待状を提供するとのこと。ゲームではモスマンやフラットウッズ・モンスターといったウェストバージニア民間伝承を基にしたクリーチャーが登場する他、実在の建物を再現したロケーションも用意されています。


プロモーションイベントや限定ツアーなどの詳細情報は今後数週間で発表予定。なお、モスマン博物館ではコラボTシャツやポスターが販売されているようです。【ほかの画像を見る】ウェストバージニア州が『Fallout 76』とコラボ! プロモーションイベントや限定ツアーを計画
ウェストバージニア州が『Fallout 76』とコラボ! プロモーションイベントや限定ツアーを計画