株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーの運営する劇場「なんばグランド花月」は、10月11日より新サービス吉本新喜劇VR」を開始しました。劇場のVR専用のブースで利用でき、まるで吉本新喜劇の座員になったようなVR体験ができます。料金は1回500円、劇場チケットの提示で300円となります。

吉本新喜劇VR」では「すち子編」「めだか編」の2種類が用意されており、利用者はオープン記念として両方の動画が見れるとのこと。映像はそれぞれ約2~3分ほど。新喜劇のステージの上で「迫力のツッコミを体感」できるとのこと。

VR専用のブースは劇場の1階正面、もしくは2階の吹き抜けロビーに用意されており、日替わりの「なび芸人」が待っています。また「火曜グランド花月」の来場には吉本新喜劇VRVR無料参加チケットを配布しているとのことです。(無料チケットは「すち子編」「めだか編」のどちらかのみ)


(ブースの様子。VRデバイスには「Oculus Go」が使用されている模様)

(参考)なんばグランド花月 スタッフブログ