大河ドラマ西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第38回「傷だらけの維新」が10月14日(日)に放送される。

【写真を見る】妻・園(柏木由紀)と見つめ合う吉二郎

同放送回では、度重なる戦を乗り越え、「江戸無血開城」を成し遂げた主人公・吉之助(鈴木亮平)が、新政府軍に抵抗する諸藩との戦いに援兵を送り込もうと急ぎ薩摩へ戻る。

そこで、西郷家を支えてきた吉二郎(渡部豪太)が、「自分も戦に出たい」と申し出るのだ。

兄、そして弟たちが家を出る中で、妻・園(柏木由紀)と共に家計の苦しい西郷家の大黒柱を務めていた吉二郎。今回は、そんな吉二郎を演じる渡部にインタビューを行い、吉二郎が家を守る理由や、演技に込めた思いを聞いた。

■ 園さんがしっかりしていたので、大丈夫だと思えたんでしょうね

――薩摩から江戸や京に出ていく吉之助を、吉二郎はどのような思いで待っていたんだと思われますか。

その時々で違いますが、京から薩摩の家まで月照(尾上菊之助)様をお連れしてきた時に、お兄さんは江戸ですごいことをしていたんだということを改めて感じました。

その後に島流しをされてしまったので、吉二郎としては「私がしっかりしないといけないな」と、思ったんではないでしょうか。

でも常に思っていたことは、お兄さんは“薩摩ために”お殿様のために仕えているんだなということです。そのお兄さんの家を僕が守らなきゃいけないという感情でしたね。

――なぜ、吉二郎は「戦に行きたい」と思ったんでしょうか?

畑仕事をしていても、やっぱり武家の人間なので、藩の状況を見て、『おいも連れて行ってくいやい』と言ったんだと思います。

常に行きたいと思っていたわけではなかったんでしょうけど、機会があれば行かなきゃいけないと思っていたんではないでしょうか。

――園さんが側にいてお願いしてくれたからということも大きかったんでしょうか。

そうですね。園さんがしっかりしていたので、大丈夫だと思えたんでしょうね。

本当に「この家を頼んだぞ」という気持ちでしたね。

――第38回では、吉二郎が今まで家を支えてきたことが描かれますね。

第38回は、吉二郎のことをとても描いてくださった回でもありましたし、たくさんの山があった回でもあるんです。

その中で、小さな山がシーンごとにあってそれが連なって大きな山脈のようになっているような…どの回もそうだと思うんですけど。

池の中に石をドポンと落としたら、波が広がって泥がもわって巻き上がるじゃないですか。感情ってそういうものだと思うんですよね。

第38回の演技は自分一人ではどうしようもできなくて、投げてくれる石をちゃんと受け止める池を用意しておくのが大事だと思って演じました。

昨年の夏から「西郷どん」に携われた経験が、演技の間や呼吸の深さになって見えたらいいなと思います。

――これまで描かれなかった吉二郎の一面が見られる回のようにも見えます。

こんな人だったんだって部分もありましたし、すてきで演じがいのある脚本だなと思いました。

驚きもありつつ、「吉二郎はこういうことするよね」っていう納得感もありました。

自分が第37回まで積み重ねてきた吉二郎と、全く相違がなかったので、それに新しくかぶさる吉二郎の側面が見られてとてもうれしく思いました。

■ この役の大事なものをすごい集めました

――長期間の撮影の中で、吉二郎という役が固まったシーンなどはあるんでしょうか。

この撮影に入る前に、監督の野田(雄介)さんから「優しい弟であってください」っておっしゃっていただいたんです。それを大事に演じようと思っていました。

役が固まってきたシーンは、具体的にここっていうところはないので、本当に徐々にです。

役が固まることって素敵だと思うんですけど、あんまり固めようと思っていなかったです。でも、手がかりがないと演じる上で不安になるので、この役の大事なものをすごい集めました。

役をやるにあたって絶対持ってなきゃいけないものって、どの役にもあると思うんです。

それが吉二郎にとっては家であり、家族だったので、それを現場でたくさんいただいていたので、手がかりであり、宝として持っていました。

――吉之助も薩摩にいたころから位も変わっていきましたが、その中での変化は感じましたか?

変化はもちろんありますよ、体大きくなって、風格がついてきたなとか。

でも、偉くなってきても家の中では全くそういう素振りを見せないのが鈴木亮平さん演じる吉之助の優しさだと思います。

――柏木由紀さん演じる園さんにはどのような印象を受けましたか?

本当によくできた方だと思います。

家の中に力強い味方が増えたような感覚でした。戦に行く時も、『この家を頼んだぞ』という気持ちでしたね。

家族に対する感情ってあんまり変わらないじゃないですか。

私自身にとっても家族は変わらない場所なんです。

私は2年前に結婚した奥さんがいるんですけど、元は他人なのに、この人がいてくれてるから、自分はこうやって仕事できるんだなっても思えるんです。

だから、家族ってすごく力が強いものなんだなっていうふうに「西郷どん」に出演していて改めて感じました。

――柏木さんとはシーンについての相談などはしましたか?

柏木さんは大河ドラマも初めてで、現場で緊張もなさっていたように思えたので、なるべく話しかけるように私は心がけていました。

本番が始まる前に、なんの意味もないんですけど「園!」って言ってみたりとか。そしたら柏木さんが振り向いて「え?」って言って、「いや、なんでもない」私が言うっていう遊びをしてました。向こうからしたら迷惑だったかもしれないんですけど(笑)

私も以前(大河ドラマ)「平清盛」(2012年)で途中から参加して、「どこで何をしたらいいんだろう」っていう心労があったんです。

柏木さんの今の年齢は、私が「平清盛」に出たのと同じくらいだったので、その緊張がすごく分かるんです。だから、なるべく話そうと努めてました。

――では、2人の夫婦の表現が第38回では見られるんでしょうか。

はい! 二人で表現できたと思います。(ザテレビジョン

第38回で初陣に挑む吉二郎(渡部豪太)