WOWOWでは、今年6月にシアターコクーン・オンレパートリー2018として上演された『ニンゲン御破算』を放送することを発表した。本作品は、2003年、松尾スズキが初めて時代劇に挑み、十八代目中村勘三郎(当時:勘九郎)に書き下ろした舞台『ニンゲン御破産』を、新キャストを迎えタイトルを1文字変えて再演した。幕末の江戸を舞台に、狂言作者を夢見るひとりの侍とその人生に関わるニンゲンたちを描き、複雑な多重構造、歌や踊りが用いられた超大作エンターテインメント作品だ。
主人公・実之介を演じるのは、15年前の初演時の勘三郎と同年齢となった阿部サダヲ。映画、ドラマと活躍を見せる個性派俳優だが、本作でも圧倒的な存在感を見せている。共演は、松尾作品の『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』で一人二役を演じ、確かな演技力を見せた岡田将生、松尾のミュージカル作品『キレイ―神様と待ち合わせした女―』で力強い歌と踊りでみごとに演じ切った多部未華子。ほかにも、荒川良々、皆川猿時、平岩紙、ノゾエ征爾、平田敦子など、人気実力ともに兼ね備えた顔ぶれがそろった迫力のステージは必見だ。

そして、特集「Bunkamura30周年&大人計画30周年記念!」として2003年の勘三郎版『ニンゲン御破産』も合わせて放送する。本作は2003年当時、歌舞伎界で人気、実力ともにトップであった中村勘三郎が、演劇界の奇才、松尾スズキの舞台に出演するというニュースは、演劇界にとどまらず大きな話題を巻き起こした公演だ。