開幕から8試合白星なしの19位、二人の記者がアシュリー氏を批判

 日本代表FW武藤嘉紀の所属するニューカッスル・ユナイテッドは、プレミアリーグ開幕8試合で白星を挙げることができず、20チーム中19位に沈んでいる。イギリス人のオリバー・ホルト記者は、クラブオーナーであるマイクアシュリー氏がこの不振の原因だとし、「クラブポテンシャルを無駄にしている」と、辛口のコメントを残した。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。

 ニューカッスルに今季新加入の武藤は、ここまでプレミアリーグ7試合(うち先発1試合)に出場し、移籍後初先発となった第8節の敵地マンチェスター・ユナイテッド戦では、利き足とは反対の左足で強烈なシュートを突き刺しプレミアゴールも挙げた。だがチームは、この試合にも2-3で敗れて2分6敗の勝ち点わずか「2」と開幕から低空飛行が続いている。

 クラブオーナーを務めるアシュリー氏は、選手補強に十分な資金を回さず、指揮官が望むような補強ができなかったと言われている。ビジネスライクでクラブへの愛情が薄い同氏とファンの溝は深く、抗議活動も頻繁に行われており、ラファエル・ベニテス監督よりもアシュリー氏の方がファンの攻撃の的となっているのが現状だ。

 英紙「デイリーメール」で日曜日スポーツ担当を務めるホルト氏は、「スカイスポーツ」のテレビ番組「サンデー・サプリメント」に出演し、ニューカッスル低迷の原因として、このオーナーを名指しし、クラブ本来の力を発揮する妨げになっていると批判した。

「第三者の目から見て、(クラブは)ポテンシャルを無駄にしている。もし私が“もったいない”と思うクラブを二つ挙げるならば、リーズニューカッスルだ。だが、リーズは少なくとも、昔の状態に戻ってきているように見える。リーズニューカッスルイングランドトップ6に入るべきクラブで、今そこで起きていることは“毒”。残念だよ」

クラブの希望を捨て去った」とファンの思いを代弁

 アシュリー氏は2007年に、当時のオーナーであるサー・ジョンホール氏からクラブを買い取ったが、この11年間で今ほど嫌われ者になったことはない。

 ホルト記者とともに同番組に出演し、自身もニューカッスルファンである英紙「ザ・サン」のネイル・カスティス記者は、アシュリー氏を「ニューカッスルの毒」と痛烈に批判し、「クラブの希望を捨て去った。クラブは街やコミュニティーの大きな一部で、だからこそファンは怒っている。彼らはただ、サー・ジョンホール氏のようなクラブに対して情熱があり、監督を支え、ファンにいずれはトロフィーを勝ち取れるかもしれないという希望を与えるようなオーナーを必要としているだけなんだ」と、サポーターの気持ちを代弁。昨季は昇格組で10位に躍進しながら、今季開幕から低迷する“北の名門”は大きく揺れている。(Football ZONE web編集部)

武藤嘉紀の所属するニューカッスルは、プレミア開幕8試合で白星を挙げることができず、20チーム中19位に沈んでいる【写真:Getty Images】