ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
公道カートサービスマリカー』訴訟で任天堂が勝訴
日経新聞で福井健策弁護士著作権侵害に言及
著作権侵害にはあたらないと説明

公道カート『マリカー』

公道カートサービスマリカー株式会社MARIモビリティ開発)』。社名を株式会社マリカーから、株式会社MARIモビリティ開発に変更するも任天堂キャラコスプレマリカーという商標はそのまま使っていることから任天堂から提訴されていた。

9月27日に東京地裁は、マリオ等のキャラクターコスチュームを客にレンタルすることを禁止するなど、不正競争行為の差し止めと、1000万円の損害賠償命令を言い渡した。

「だがキャラクター著作権侵害は判断しなかったようだ」と日経新聞に記載されている。

福井健策弁護士キャラの名前を名乗ったり連想するようなコスプレするだけでは著作権侵害にはあたらないと説明している。

ただこの記事を読んだ多くの人が「任天堂は敗訴した」と誤解している人が多いが、任天堂は東京地方裁判所勝利した上で、著作権侵害判断は見送りということになった。

株式会社MARIモビリティ開発は控訴しているので、高等裁判所などでどのような判決が下るのか気になるところだ。

公道カート『マリカー』