アスツール株式会社東京都渋谷区、代表取締役:加藤雄一)は、本日より次世代スマホブラウザ『Smooz(スムーズ)』のiOS 日本語版向けの新バージョン (ver 1.52)の配信を開始いたしました(*1)。 本バージョンでは、世界で初めて(*2)モバイルブラウザとして分割・子画面機能を搭載し、2画面表示に対応、複数のサイトを同時に閲覧することができるようになりました。

*1 Android版には今後順次展開予定。
*2 分割機能・子画面機能の両方を備えたモバイルブラウザとして
●2画面機能について

スワイプのワンアクションでタブを切り替えられる、というSmoozの特長から、「ゲームプレーしながらSNS」「動画を観ながらWikipediaで調べ物」といったような、複数サイトを平行して閲覧する使い方を多くのSmoozユーザーが行っています。

このようにSmoozが使われる中で、タブの切り替えをすることなしに「複数サイトを同時に見たい」という要望が数多く寄せられるようになりました。開発チームでは、スマホの画面が近年さらに大画面化している市場状況を鑑み、技術及びユーザリティからの検討を十分に行ったうえで、今回の2画面機能のリリースに至りました。

本機能起動時には、画面を上下に分割して表示する「分割画面モード」と、画面の片隅に小さくウェブページを表示しておく「子画面モード」を選択することができます。前者は、ゲームプレーしながらSNS、後者は動画を観ながら調べ物といった使い方を想定していますが、開発チームでは思いつかないような全く新しいウェブの楽しみ方をユーザーひとりひとりが発見してくれることを期待しています。

2画面機能概要の動画
なお、本機能はプレミアムサービス(月額380円)の1機能として提供しますが、1週間に5回までは無料で利用することが可能です。また本日より1ヶ月間は、回数制限を撤廃して完全無料とする特別キャンペーンを開始します。 ●60万ダウンロードを突破!
Smoozはリリース以来、コアなファンによる口コミを中心に着実にユーザーを増やしてまいりました。検索をより効率的に行いたいという従来からのユーザー層に加えて、ブラウザに強力なカスタマイズ性を求めるグランブルーファンタジーアイドルマスター シャイニーカラーズといったブラウザゲームユーザーが急増しています。その結果、2018年9月末時点で60万ダウンロードを突破しました。

Smoozは今後もモバイルブラウジングにおけるすべての「面倒」を解決することで、よりなめらかなブラウジング体験を提供してまいります。

アプリ概要

アプリ名:Smooz (スムーズ)

Smoozは、 片手でサクサク調べ物ができる、 スマホ専用ブラウザアプリです。 その革新的なユーザー体験によって、 2016年9月26日リリース翌週にはApp Storeでトップフィーチャーされ、 年末にはリリースから3ヶ月でAppleが選ぶApp Storeの2016年ベストアプリに選出されました。

価格:無料

対応OS:iOSAndroid

対応言語:日本語、英語、中国語

AppStore: https://itunes.apple.com/app/smooz/id1151364449?ls=1&mt=8

Google Playhttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.astool.android.smooz_app.free

公式ページhttp://smoozapp.com/

公式Twitter: https://twitter.com/smoozjapan

公式Facebook: https://facebook.com/smoozapp/

■本件に関するお問い合わせ

アスツール株式会社 加藤雄一
Eメール: info@smoozapp.com

■アスツール株式会社について

アスツール株式会社は「人間の能力を拡張する未来の道具を創る」をミッション2016年3月30日に設立されました。ファンコミュニケーションズ、Skyland Ventures、個人投資家より累計1億円を資金調達しています。
代表者の加藤は、 ソニー、 楽天で一貫してスマホ関連プロダクトの企画・立ち上げに携わり、 個人開発者としてリリースしたアプリTennisCore”はApple Watch Best of 2015を受賞。 日本で最もプロダクト・ドリブンで、 エンジニアが楽しめる会社を目指しています。

■プレスキット

画像、ロゴは下記リンクからダウンロードいただけます。
https://www.dropbox.com/sh/qkj1lmgfnwnxske/AABpaiWAqSKVA1Xu6Uv5iQj_a?dl=0

配信元企業:アスツール株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ