クルーズ大手ノルウェージャンクルーズライン(NCL)はこのほど、中国人観光客専用の豪華客船ノルウェージャンジョイ号について、2019年4月に中国市場から撤退すると発表した。同船は2017年6月28日上海港でデビューしたばかり。中国撤退について、同客船を利用した中国人ネットユーザーは、中国人利用客、特に中国「大媽」(中国の50代~60代の女性)の食べ過ぎとマナー問題が原因だと推測した。

NCLは声明で、戦略調整のためとして、「ノルウェージャンジョイ号」の中国市場撤退を決めたと示した。客船の外観が鳳凰や雲など中国風にデザインされ、中国向けにデザイン・建造された同船は、総トン数167,725トン、最大乗客定員4930人、客室数1925室。上海と天津を母港としていた。

船内の各施設名、注意書き、レストランメニュー中国語と英語で両方で書かれているが、中国語のほうが大きく目立つ。船内放送も中国語で行う。レストランでは、中国人が日常食とする油条(揚げパン)や豆乳、麻辣スープなどが提供されている。

同客船を利用してクルーズ旅行を終えたばかりだという中国人ネットユーザーは、自身の体験談として、撤退の理由は中国人マナー意識問題ではないかとSNSに投稿した。この記事は現在、ポータルサイト「捜狐網」などで掲載されている。

この投稿によると、ノルウェージャンジョイ号の船内では、世界トップクラスシェフによる特製料理、各種の美食、飲み物、デザートなどを提供している。「食いしん坊なら、1日で元が取れるだろう」とつづった。

「問題なのは、中国人の食い散らかしぶり。食べ物の浪費は恐ろしいほど。レストランのすべてのテーブルに、皿に盛りに盛ったエビ、鶏肉、ステーキなど山積みの食べ残しがあった。見るだけで悲しくなる」。

「取ったものを残さず食べる」「お互いに譲り合いましょう」などとの注意書きがレストランのあちこちに書かれているにもかかわらず、全く効果がないという。「すべての中国人が我先にと果物や料理を取り合って、一皿また一皿と料理をガツガツ食べていた」。

「最も驚いたのは中国大媽たちだ。あのむさぼる様子を見るたびに、彼女たちの胃腸は大丈夫かと心配する」。

このネットユーザーは、中国人利用客の想定外の食欲で「ノルウェージャンジョイ号」が中国から撤退せざるを得なかったのではないかと書いた。

ネットユーザーは同客船のスタッフから、五日間のクルーズ旅行で中国人観光客は、60トンの肉類など、20.5トンの魚類、7トンのスイカ、1トンのバナナ、11トンのジャガイモ、5万2000個のたまごなどなどを消費したと聞いた。これはNCLが運営する他の23隻のクルーズ客船での消費量の数倍になる。

ネット上では、この投稿について多くのコメントが寄せられた。

5000年の歴史を持つ中国には誇らしい伝統があった。文化大革命で、今の中国人には道徳が退廃した」

「中国昔、礼義廉恥(れいぎれんち)との道徳観が強く、長幼尊卑(ちょうようそんぴ)・上下関係の順序を重視していた。あの10年間(文化大革命)、『天と戦う、地と戦う、人と戦う』のスローガンの下で昔の道徳観が消された」

「国際会議に姿を見せる中国高官のおかしな行動をみれば、そのマナー意識の程度がわかる。彼らは、自分たちの言動が文明社会と全く合わないことに気づいていない。いつも『大国』だと踏ん反りがえっている」。

(翻訳編集・張哲)

米ノルウェージャン・クルーズライン(NCL)はこのほど、中国人専用の豪華客船「ノルウェージャンジョイ号」について来年4月に中国市場から撤退すると発表した。(大紀元資料室)