ハロウィン百鬼夜行
ハロウィンを聞きつけて、10月24日(水)~31日(水)にジェイアール京都伊勢丹にどこからともなく京都の妖怪たちが現れる。京都の各地に蔓延るとされていた妖怪。京都国際マンガミュージアムの研究員である應矢 泰紀氏が京都の10の妖怪をセレクト。それをもとに、漫画家の小島 えいゆ氏が10の妖怪のイラストを描く。あわせて妖怪にちなんだ商品や、レストランメニューなどを展開する。また、10月28日(日)午後2時からは、京都国際マンガミュージアムの館長である荒俣 宏氏と應矢 泰紀氏による京都ならではの妖怪について語り合うトークショーを開催。
今年は一味ちがった京都ならではのハロウィンで、楽しみ尽くしてみては。

■京都のハロウィンを盛り上げる、個性豊かな10種の妖怪たち
 人を虜にする大妖怪「玉藻前九尾の狐)」、無類の酒好き「酒呑童子」、妖怪を退治する「土蜘蛛」、
見たら魂を抜かれる「輪入道」、怖い声の「鵺」、兵法や武術にも長けた「天狗」、怨念の妖怪「朧車」、
ゲラゲラ笑う「つるべ落とし」、伝説の妖術使い「滝夜叉姫」、袖を通すと病に伏せる「小袖の手」。
個性溢れる10種類の妖怪たちが登場。妖怪の詳細は、2階特設会場にいる「妖怪コンシェルジュ」マネキンにおまかせあれ。
マネキンに、気になる妖怪の名前を呼べば、妖怪の解説をしてくれる。
2階特設会場 展開イメージ

■妖怪にちなんだ商品やレストランメニューも登場
亀井堂本家
神戸の地で生まれた銘菓。パリっとした歯ざわりと玉子の風味が持ち味の「小瓦せんべい」と、甘みを抑えたこしあんが入った風味豊かな瓦まんじゅうの2種類を、小袖の手や朧車の焼き印入りで。
<亀井堂本家>
小瓦せんべい 432円(8枚入)
まんじゅう108円(1個)
■2階=特設会場
アラン・ブリュモン
しっかりとした骨格、豊かで滑らかなタンニンを酸味が
バランス良くまとめあげた1本を百鬼夜行オリジナルラベルでご用意。

タナ・カベルネ 1,836円(赤/750ml)
■地下1階=和洋酒、2階=特設会場
ブラウニーズクラブ
輪入道をイメージしたベーグルのフレンチトースト。ふんわりとした食感と、目玉を思わせるトッピングにも
注目!

輪入道フレンチトースト 1,350円(1人前)
※提供時間:各日午後3時~7時30分
■5階=喫茶/ブラウニーズクラブ

■妖怪好きにはたまらないスペシャルトークショー
京都国際マンガミュージアムの館長で、日本の妖怪シーンリードする荒俣 宏氏と、京都国際マンガミュージアム研究員で、京都の妖怪の歴史とその痕跡調査を行っている應矢 泰紀氏とのスペシャルトークショーを開催。百鬼夜行ハロウィンの共通点について、特に「化ける」ことの意味を深く探っていく。
他にも他県とは異なる京都ならではの妖怪について語り合う貴重なイベントに、ぜひ参加してみては。
荒俣 宏氏
應矢 泰紀氏
百鬼夜行トークショー「日本と海外のおばけ文化-京都独自の妖怪の秘密-」
日時:10月28日(日)午後2時から(約40分)
会場:2階=特設会場 
参加費:無料 ※席に限り有り。先着順でのご案内。

ハロウィン百鬼夜行
会期:2018年10月24日(水)~31日(水)
会場:ジェイアール京都伊勢丹=各階
スペシャルサイト:http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/halloween/

配信元企業:株式会社ジェイアール西日本伊勢丹

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ