SNES(海外版スーパーファミコン)互換機Super Nt」の発売元として知られるAnalogueは、8bit並びに16bitのセガハードサポートする互換機Mega Sg」を発表した。予約も開始している。

 「Mega Sg」が単体でサポートするのはメガドライブとその北米版となるGENESISメガCDとその北米版となるSEGA CDだ。さらに「Mega Sg」本体にはマスターシステム用のアダプターも付属している。対応ソフト2180本以上。さらにほかのセガのゲーム機ソフトサポートするアダプターも別売りされる予定で、現在セガ・マークIIIゲームギアセガ マイカードSG1000SC-3000の5種類が発表されている。

 ただしアナログリンクケーブルに複雑に依存したスーパー32XはHD出力に対応出来ず、現時点では対応しないと発表されているが、今後実現する可能性を考え開発は続いているという。

 本体は4種類のカラーが用意されており、価格は189.99ドルで、2019年4月に出荷を予定している。別売のカートリッジアダプターの価格はそれぞれ9.99ドルで2019年内発売予定だ。日本への送料は49.99ドルとなっている。

 なお「Mega Sg」本体にコントローラーは付属していない。オリジナルマスターシステムメガドライブ用のコントローラーポートも用意されているほか、8BitDoと提携しており、同社の「M30 2.4G Wireless Gamepadにも正式に対応している。こちらは2月末発売予定で価格は24.99ドルだ。ゲームジニーのような周辺機器にも対応する。

 また、本体にはファームウェアアップデート用のSDカードスロットがついているが、SDカードを使ったゲームソフトバックアップRomイメージの再生は出来ないようになっている。

(画像は「Mega Sg」公式サイトより)

 Mega Sg」の大きな特徴はアルテCyclone Vを利用した高い互換性だ。ハードウェアFPGA上で再現することで、ソフトウェアエミュレーターを介さない動作により100%の互換を謳っている。グラフィックHDMIを介して最大1080pで出力され、入力の遅延は無いという。スキャンラインやスケーラと言ったレトロゲーム互換機ではお馴染みの出力オプションも用意されている。

 また、メガドライブに使用されたFM音源チップYM2612」によるサウンドは、ビデオゲームの歴史の中で象徴的な存在とし、サウンドの再現にも力を入れている。48KHz、16ビットの出力が可能となっている。再現の度合いについてはYoutubeにていくつかのリファレンスビデオが公開されているのでそちらを確認してほしい。

 同じくFPGAハードウェアを再現した「Super Nt」が高い評価を受けているだけに、同じ技術を用いた「Mega Sg」にも期待できそうだ。

文/古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。