イタリアボラーテ、2018年10月17日 - 特殊ポリマーの世界的サプライヤーであるソルベイは、ライトン(r) ポリフェニレンスルフィド(PPS)の各種押出し成形グレードを本日上市します。この製品は、要求の厳しい自動車の冷却配管アセンブリ用途として、実績のあるライトン(r) PPS射出成形材料と併用可能です。

この新しいライトン(r) PPS押出し成形シリーズは、ライトン(r) XE3500BL、ライトン(r) XE4500BL、およびライトン(r) XE5500BLという3種類のグレードが用意され、グローバル展開します。これらのグレードの剛性は1500~2500 MPaの範囲で異なり、さまざまな肉厚と直径を持つフレキシブルチューブの要件を満たすことができます。また、押出し成形後の熱成形にも適しています。 ソルベイの新しい押出しポリマー技術を使用して作られた柔軟な冷却配管は、高い溶融強度、耐薬品性、熱安定性を示し、破断時引張り伸びと衝撃強さが向上しています。

ソルベイの射出成形グレードとしては、ライトン(r) XE5430BL(30%ガラス繊維強化)およびライトン(r) R-4-270BL(40%ガラス繊維強化)があります。これらの材料は既存のコネクターおよびブラケット取り付け部品の多くに適合することで定評があり、そのため、エンジンおよびトランスミッション用に完全調和した一体型の冷却配管アセンブリを自動車OEMが設計することができます。

エンジンルーム内の温度により、既存の冷却配管の設計および材料ソリューションが限界まで押し上げられ、安全マージンが狭められています。」と、ソルベイのSpecialty Polymers global business unitEuropean Area Development Managerを務めるAndreas Lutz氏は述べています。「エンジンの小型化に加え、ターボチャージャースーパーチャージャー自動変速機エアーコンディショニング、排気再循環システムなどの高温部品が一般的になり、これらすべてがますます縮小されるエンジンルームに詰め込まれることから「スペース不足」が発生し、過熱部分では従来の金属/ゴムおよびポリアミド樹脂による設計の耐熱性能を超える可能性があります。」

その中でも冷却配管はエンジンルームに収めるための設計が最後に行われるコンポーネントであるため、材料は、より複雑な配置を可能にする設計の自由度を与えるだけでなく、重量の増加(断熱構造の追加の必要性など)なしに動作の安全性を確保する高度な耐熱および耐薬品性能も提供する必要があります。

ソルベイのライトン(r) PPS押出し成形グレードにより、OEM各社では、大型で高価なパワートレインの流体処理配管から、スマートで軽量の一体型ソリューションへの置き換えが可能になります。このソリューションには、コネクターオーバーモールドされたブラケット、およびライトン(r) PPS射出成形グレードで作られた溶着によるブラケットが含まれます。

ヨーロッパの一部の大手自動車OEMは既に軽量のライトン(r) PPSソリューションを導入済みですが、他にもさまざまなクーラント、エンジンパワートレインオイル処理システムでの使用を検討中であり、従来の複合材料(金属/ゴム)とポリアミド樹脂(PA)の設計の置き換えを模索しています。「流体処理配管が複雑になればなるほど、軽量化のみならず製造の簡素化および組み立てコスト削減にライトン(r) PPSが貢献できます」と、Lutz氏は述べています。

ソルベイは、ポリマーの専門知識に加え、イタリアボラーテで最近拡張された同社のApplication Development Centerにて、総合的な革新と技術サポートサービスを提供し、自動車OEMおよび一次サプライヤーの各社がライトン(r) PPSの可能性を活用し、利点を最大限に引き出すための支援を行っています。

(r) ライトンはソルベイの登録商標です。



ソルベイについて
ソルベイは先端材料および特殊化学会社で化学品の発展にコミットしており、重要な社会的挑戦に取り組んでいます。ソルベイは、多様なエンド・マーケットにおいて世界中のお客様とパートナーシップを組んでいます。製品は、航空、自動車バッテリー、スマートデバイス、医療機器、採鉱や石油・ガス採取、効率や持続性の向上に使用されています。軽量化材料はクリーナーモビリティを促進し、フォーミュレーションズは資源活用を最適化し、パフォーマンスケミカルズは大気や水質を改善します。当グループはブリュッセルに本社を置き、61か国に約24,500名の従業員を擁しています。2017年の純売上高は101ユーロを計上し、純売上高の90%以上を占める事業において、当社は世界のトップクラス3社のひとつに数えられており、EBITDAマージンは22%となります。Solvay SA(SOLB.BE)はブリュッセルとパリにおいてEuronextに上場し(Bloomberg: SOLB.BB - Reuters: SOLB.BR)、また米国(SOLVY)においては、level-1 ADRプログラムで取引されています。財務統計には売却を発表したポリアミド部門が含まれています。

ソルベイスペシャルティポマーズについて
ソルベイスペシャルティポマーズは、35の高機能ポリマー商品ブランドのもと、1,500以上の製品 - フッ素樹脂、フッ素エラストマー、フッ素系流体、半芳香族ポリアミド、サルホン系樹脂、超高機能性芳香族樹脂、高バリア性樹脂を、航空宇宙産業、代替エネルギー自動車ヘルスケア、メンブレン、石油・ガス、パッケージング、配管、半導体ワイヤーケーブル、その他のマーケットに供給しています。詳細はhttp://www.solvay.comを参照ください。

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR ソルベイ担当
103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp

配信元企業:Solvay SA

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ