【元記事をASCII.jpで読む】

 Seagate Technology(以下:Seagate)は、データセンター向け14TBモデルの「Exos X14」に続いて、24時間365日連続で稼働させるSOHO・NAS向けHDDIronWolf」に、14TBモデルの「ST14000VN0008」を追加した。

IronWolfシリーズは複数台を搭載した際にパフォーマンスを低下させる要因となる振動への対策を施し、HDDの状態を詳しく診断、異常の検知、通知を行なう機能を備えるNASに適したファームウェア「AgileArray」に対応し、データ保管に最適化されている。年間180TBの作業負荷や、信頼性の指標となるMTBF(Mean Time Between Failure100万時間を実現。今回新たに加わった容量14TBの「ST14000VN0008」も同様の機能・特徴を備えている。

 振動や衝撃を基板上に備える加速度センサーで捉え、ヘッドの動作にフィードバックし、センタリングキープすることで安定した転送速度を確保する「RVセンサー」搭載。Synologyなどの既に対応完了したNAS側のOSと連動して、数百にも及ぶ各種パラメータで、HDDの健康診断を行なう「IHM(IronWolf Health Management)」も利用可能。

 これら、12TBまでの既存のIronWolfにて、完備された機能については、以前行なったインタビュー記事なども参考にして欲しい。

 そんななか、これまで店頭で販売された3.5インチHDDとしては最大容量となる、IronWolfシリーズの14TBモデル「ST14000VN0008」を借りる機会をえたので、さっそく実際に使ってみた。

最新技術採用で14TBを実現した「ST14000VN0008」

 HDDの過去最大容量を更新した「IronWolfシリーズの「ST14000VN0008」は、ヘリウムガスの充填やガラスラッター(12TBモデルから採用)といったHDDの大容量化の鍵となっている最新技術が採用されている。

 既に発売している他社製の14TB HDD製品は、9枚のプラッターで実現している製品が多い。しかしながら本製品では、8枚のプラッターで構成されている。プラッタ枚数が少ない程、消費電力低減、自己振動低減の面で有利に働く部分も、製品のメリットとして大きいといえるだろう。

 また、2重のカバーで密閉されているのはこれまでのヘリウムガス充填モデルと同じだが、これまで上面でレーザー溶接されていた最外装カバーが、14TBの「ST14000VN0008」では新たな溶接技術(摩擦熱融着技術)が採用され、蓋形状のカバーが側面で接合されるように変更されている。これにより、上面で接合していたときよりも、衝撃への耐久性が高くなっているものと思われる。主なスペックは回転数7200rpm、キャッシュ容量256MB、最大転送速度が毎秒210MB。

 ここでは「ST14000VN0008」をPCに接続してパフォーマンスを見ていこう。テストには8C16T CPUの「Ryzen 7 2700X」を搭載するPCを用意し、ベンチマークの「CrystalDiskMark 6.0.1」と「HD Tune Pro 5.70」を実行している

CrystalDiskMark 6.0.1

 「CrystalDiskMark 6.0.1」では安定して260MB秒のシーケンシャルリードライトパフォーマンスを発揮しており、テストデータ32GiB時もリードライト260MB秒台を維持していた。ファイルサイズが巨大になる映像データの保存先にも安心して使用できる。

HD Tune Pro 5.70

 続いては「HD Tune Pro 5.70」で最外周と最内周のシーケンシャルパフォーマンスを見ていこう。

 「HD Tune Pro 5.70」で行なった全領域パフォーマンスチェックも良好で、リードライトともに最内周でも100MB台のパフォーマンスを発揮していた。そのうえ、実容量12.7TBの65%程度の8.4TBまで200MB秒台の高速性を維持していた点は見逃せないところだろう。

不安なく使える「IronWolf」14TBモデル

 データ保存に最適化され、信頼性、耐久性に不安のまったくない「IronWolf」の14TBモデル「ST14000VN0008」は、パフォーマンス面にも不安要素なしだ。

(提供:日本シーゲイト)

高耐久HDDのSeagate「IronWolf」がHDD最大容量を更新! 14TBモデルを最速レポート