パトカー

akiyoko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

奈良県生駒市内で2日に発生した特殊詐欺事件で、61歳の警官が電話を受けた80歳の男性に変装し、受け子の男を詐欺未遂容疑で現行犯逮捕することに成功。

男性警官のナイスプレーに、ネット上では拍手が鳴り止まない。

■86歳のフリをして確保

読売オンライン」によると、この一件は市内で一人暮らししている男性(80)の自宅に、長男を称する男から「横領した金で株を買ったことが会社にバレた」「200万円が必要」と電話があったことに端を発する。

これを不審に思った男性が署に相談。男性と比較的年齢が近い巡査長を抜擢され、男性に「変装」することに。

巡査長は少し腰を曲げ、帽子を目深にかぶってお年寄りを装うと、待ち合わせ場所に世田谷区の無職の男(25)が登場。捜査員が見つけて職務質問後、無事取り押さえた。

なお、この巡査長は再任用の警察官で、2011年から生駒台駐在所に勤務しているという。

■賞賛の声が相次ぐ

この活躍に、ネット上では賞賛の声が相次ぐことに。

・すごーい これで被害が減るといいね

・してやったり

・これは愉快だ

・お見事!

■「詐欺に詐欺で対抗?」との声も

また、ネット上では「詐欺に詐欺で戦ったのか」と、変装という手法にツッコみを入れる人もチラホラ。

・詐欺に詐欺で返していくスタイル

・詐欺で詐欺を捕まえたのか…すごいな

・目には目を歯には歯を、詐欺には詐欺を

■16%に「オレオレ詐欺電話」の経験

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の男女20~60代に調査を行なったところ、「オレオレ詐欺の電話が自分の家や実家にかかってきたことがある」と答えた人は全体の15.8%。幅広い年代を対象にしていることを考えれば、オレオレ詐欺がいかに身近に起こっているかがよくわかる。

グラフ(©ニュースサイトしらべぇ

そんななか、大手柄をあげてくれた生駒台駐在所の巡査長。その活躍に敬意を表したい。

・合わせて読みたい→折れた灯籠が中1男子の腹部に直撃 凄惨な死亡事故に言葉を失う

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年8月31日2018年9月3日
対象:全国の20〜60代男女計1363名(有効回答数)

61歳警官が80歳に変装して特殊詐欺の受け子を逮捕 その手法に賞賛の声相次ぐ