10月22日(月)発売の週刊プレイボーイ45号は、丸ごと一冊「ニューヒロイン号」。
これから注目のヒロインたちが初水着グラビアを飾っている。 

そのニューヒロイン号で見事に表紙&巻頭に抜擢されたのが、愛媛のガールズバンド「たけやま3.5」の脇田穂乃香

グラビア×ライブオーディション企画「ナツ☆イチッ!オーディション2018」で大きな爪痕を残した、注目の16歳だ。

■「もう負けんように」と火がつきました

――ニューヒロイン号の表紙&巻頭グラビア撮影、お疲れさまでした! "新人"ということで、まず自己紹介をお願いします!

脇田 愛媛を中心に活動している4人組のガールズバンド「たけやま3.5」で、ドラムとツインボーカルを担当しています。高校2年生、16歳です。よろしくお願いします!

――脇田さんは、今年の夏、週プレと「東京アイドルフェスティバル(以下、TIF)」がコラボした「ナツ☆イチッ!オーディション」で、ファイナリストに選ばれていたんですよね。

グラビアSHOWROOMでのバトルを経て、最終的にTIFステージクイーンが決まるオーディションでしたが、脇田さんはステージピッチリしたTシャツで登場して、「Gカップです!」と叫んで。観客がどよめいていました。

脇田 会場の空気が一瞬変わったのは、自分でもわかりました(笑)。そのアピールと衣装は、ライブの数日前にマネージャーさんが提案してくれたものやったんです。頑張って叫んだけど、めっちゃ恥ずかしかったです。顔真っ赤でした。

――その発言がネットニュースなどで話題になって、今回の撮影につながったわけですが、撮影の感想は?

脇田 水着の撮影自体、ほとんど経験していないし、何度も着替えさせてもらうことも初めてで。全部新鮮で、全部楽しめました。あと、小学校の頃から友達に「胸、デカない?」ってイジられることが多くて、ずっとコンプレックスやったんです。

でも、「ナツ☆イチッ!」から始まって、この体形を生かしたお仕事ができているので。それがすごくうれしかったです。

――撮影中、スタッフにも言われていましたが、「ナツ☆イチッ!」の頃より、さらにスタイルがよくなった気がします。

脇田 本当ですか? うれしいです。夏頃からダイエットをしているんですけど、今までは夜遅くてもお茶碗3杯くらい食べていたのをやめて、運動もジムに週3、4回通ってするようにしてます。けっこう頑張ってるんです(笑)

――週3、4回はストイックですね。それはやっぱり、「ナツ☆イチッ!」がきっかけで?

脇田 ですね。オーディションで2位になって、本っ当に悔しくて。「もう負けんように頑張ろう!」って、火がつきました。ありがたいことに今、ライブに来てくれてる人がだんだん増えてきていて。グラビアのお仕事も始まったし、「だからこそ、見た目からちゃんとしよう!」って思ってます。

ドラムは今も必死に練習中です

――冒頭で「愛媛を中心に活動している」と言っていましたが、生まれも愛媛ですか?

脇田 生まれたときからずっと愛媛です! 私のおうちは山の近くなんですけど、昔から、お母さんとふたりで山を登って、松山市の景色を眺めるのが好きでした。愛媛は瀬戸内海もきれいで、今もよく海沿いにドライブに行きます。

――自然に囲まれて育った、と。となると、小さい頃は外で遊ぶことも多かったり?

脇田 ですね。男子も女子も一緒になって、めっちゃ走り回ってました(笑)。今考えると、小学校までは男のコっぽかったかもしれないです。ただ、その頃から虫は苦手なんですけど......。

――虫、ですか?

脇田 保育園の頃に、先生が「虫に慣れなさい」って言って、私の袖にセミを乗せたことがあったんです。「うわあああ!」って、パニックになって(笑)、それ以来、虫がダメになりました。

――笑顔で話してますけど、急にエグい話! トラウマになってるじゃないですか!

脇田 それ以外はいい先生やったんですけど......。たぶん、地元が山だからですかね?

――山間部出身でも珍しい経験だと思いますよ......(苦笑)。では、逆に好きなものは?

脇田 これも小さい頃からなんですけど、『行くぜっ!怪盗少女』を初めて聴いたときからずっと、ももいろクローバーZさんが好きです。それからほかのアイドルさんのことも好きになって、事務所に入るまでは、西日本のアイドル現場にもたまに行ってました。

――アイドル好き、しかも"モノノフ"(ももクロファンの意)だったとは! もしかして、もともとアイドルになりたくて芸能界に入ったとか?

脇田 アイドルになりたいと考えたことはなかったです。でも小さい頃から、家族と一緒にテレビドラマを見ながら「芸能界っていうのがあるんや。楽しそう。入りたい」とは思ってました。

で、中学3年生のときに「ミス・ユニバース」と同時開催の「ガールグランプリ愛媛」っていうコンテストがあって、それに出てみたら、なんと特別賞をいただいて。

それからすぐに、今の事務所からスカウトしてもらったんです。「アイドルじゃない、別のお仕事をするにしても、ももクロさんみたいに、笑顔とか元気を与えられる存在になろう」って思ったのを覚えてます。

――なるほど。でも、いったい、そこからどういう経緯でガールズバンドに?

脇田 去年の夏の前くらいですかね? 突然、事務所に呼ばれて行ったら、プロデューサーから「バンドやらないか?」って言われて。

部活でやっていたアルトホルントランペットみたいな金管楽器と、おばあちゃんの家にあったピアノは弾けるんですけど、「ギターとかドラムはやったことないな。やってみたいな」と思って、「やりたいです」って。

――もともと楽器が弾けたとはいえ......意外と、すごくゆるっとしたスタートなんですね。

脇田 メンバー全員、そんな感じやと思います(笑)メインボーカル(武田雛歩[ひなほ])は、もともと民謡をやっていたコなんですけど、全員、担当する楽器はバンドを結成するまで演奏したことなくて。今も毎日、必死に練習してるところです(笑)

――全員未経験からスタートしたバンドいい意味で〝高校の軽音部〟っぽい、青春感がありますね。ちなみに、脇田さんはどうしてドラムに?

脇田 全員で順々に叩いてみて、そのなかで「一番できるな」ってなったから、です(笑)

――選ばれ方もゆるっとしてました(笑)。昨年8月結成なので、バンドスタートして2年目に突入しましたが、今の活動は充実していますか?

脇田 はい! 楽しいです! さっきもちょっと話したんですけど、最近、「TIFを見て来た」っていうお客さんがライブにもすごく多くて。この前のワンマンライブも満員やったし、東京に呼んでいただくことも、だんだん増えてきたんです。もっと頑張って、東京と愛媛の両方で「たけやま3.5」が盛り上がったらいいなって思います。

今回、初ソログラビアやったんですけど、もし「いいな」って思った方がいらっしゃったら、ぜひライブも見に来てください! よろしくお願いします!

●脇田穂乃香(わきた・ほのか
2001年11月14日生まれ、愛媛県出身。2017年の芸能界デビュー後、ガールズバンド「たけやま3.5」でドラムボーカルを担当する。好きな食べ物は「キュウリ」と「お酢」

取材・文/アオキユウ[short cut] 撮影/藤本和典

週刊プレイボーイ45号で表紙&巻頭に抜擢された脇田穂乃香