鈴木亮平主演の大河ドラマ西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)は10月21日放送の第39回「父・西郷隆盛」から最終章・明治編に突入した。

【写真を見る】主役・西郷隆盛(鈴木亮平)は“お腹”も出て、まさに上野公園の銅像のような体型に!

これまで語りを務めてきた西田敏行西郷隆盛(鈴木)の息子・菊次郎として登場。隆盛の弟・従道(錦戸亮)や大久保利通(瑛太)もがらりとイメージチェンジし、隆盛もすっかり様変わり。視聴者から「御一新だ!」「違うドラマ始まった!?」「ワクワクする!」といった興奮の声が上がった。(以下、ネタバレがあります)

西田敏行、満を持して登場!

幕末の英雄と慕われる西郷隆盛の生涯を描く「西郷どん」。第39回の冒頭は明治37年、京都市長となった菊次郎(西田)が着任するシーンからスタートした。

このシーンは実は原作「西郷どん!」(林真理子著)では上巻冒頭で描かれていたシーンドラマ版は、慶応4年の戊辰戦争を描いた第38回「傷だらけの維新」(10月14日放送)から実に40年近い時を飛び越えての最終章スタートとなった。

西田の登場を機に、ナレーションでの隆盛の呼び名もそれまでの“吉之助”から“父”に変わり、“息子から見た父・隆盛”という構図がはっきりと打ち出された。

その後、シーンは明治政府が誕生して間もない明治2年へ。一蔵あらため利通は、シルクハットの洋装で馬車から降りてくるなどすっかり教科書で知られる大久保利通イメージ通りの姿に。信吾あらため従道も、口ひげをたくわえ洋行帰りで妻・清(上白石萌音)との再会をハグで喜ぶなど、時代の変わりようを体現した。

このほか、第39回では薩摩ことば指導を務める俳優・迫田孝也が(薩摩藩士ではなく)佐賀藩士・江藤新平役、歴史学者でドラマの歴史監修にも名を連ねる磯田道史氏が初代京都市長・内貴甚三郎役で登場した。

華々しくスタートした新章に、視聴者大盛り上がり!SNSなどでは「一蔵が一気に大久保利通になった!」「錦戸くんの従道、先週までとはたたずまいが全然違う。凄い」「萌音ちゃん出てきた!ビックリ!」「迫田さん、圧がスゴい(笑)」「どこかで見たことあるなと思ったら磯田先生!!」「まさに御一新だ!」「今日すごいな、感想が追いつかない」「別のドラマ始まった?」と、さまざまな反応が飛び交った。

■ そして吉之助もすっかり“上野の西郷さん”のイメージ

中でも話題を集めたのは吉之助あらため隆盛の体格。第38回のラストでまげを切り落とした吉之助だったが、第39回で姿を見せた隆盛は、角切り頭で身体もひと回り大きくなり、上野公園の銅像のようなかっぷくの良さ。銅像でおなじみの愛犬“ツン”も初登場した。

その変わりようにはファンも驚愕。SNSでは「鈴木亮平さんのビジュアルすごいな~!」「吉之助が大きくなってることに驚き」「見るたびに西郷どんの体格が変わっていく…」「鈴木亮平の役づくり本当すごいの一言」といった声があふれた。

オープニング映像も、短髪で軍服姿の隆盛の姿が映し出される新バージョンリニューアル。着古した着物姿の隆盛と正装した利通が高千穂峰ですれ違う映像も盛り込まれた。ファンからは「雄大な風景に涙が出た」「今までは吉之助だけだったのに、オープニングに一蔵も出てきた!ジーンとした」「新しい時代が来た感じ。ワクワクする!」といった声が上がっている。なお、このオープニング映像は公式サイトでも公開中だ。

新たな時代の始まりを感じさせた第39回。28日放送の第40回「波乱の新政府」では、新政府への不満が高まる中、大久保利通(瑛太)と岩倉具視(笑福亭鶴瓶)が、薩摩の島津久光(青木崇高)に上京を促す。大久保の態度に激怒する久光は固辞。大久保は藩を完全になくす「廃藩置県」を断行しようとしていた。隆盛は新政府に協力することを決め東京へ向かう。しかし各地の反乱を恐れた政府内はまとまらず、しれつな権力闘争ばかり。役人たちのぜいたく三昧な日々を嫌悪する西郷は、大久保の進め方にも反発する。(ザテレビジョン

明治維新前の吉之助(鈴木亮平)。今よりずっとスマート!