10月20〜21日に大分県オートポリスで開催の「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 7 AUTOPOLIS GT 300km RACE」。21日に決勝が開催され、話題のModulo KENWOOD NSX GT3が3位で入賞し、初表彰台となりました。

詳細画像はこちら

予選で7番手となったModulo KENWOOD NSX GT3。これはチームにとってこれまでの中では最上位のポジションで特に300kmというレース距離を考えればギリギリ勝負権を持てる位置ともいえます。

21日の午後2時ころ、大分県警の白バイパトカー先導のパレードラン、フォーメーションラップと続いてレーススタートスタートドライバーは道上龍選手。

詳細画像はこちら

レース開始直後に予選6番手だった52号車埼玉トヨペットGreenBraveマークX MCを抜き去りすぐにポジションを一つ上げます。

詳細画像はこちら

そして4周目までに何故かペースが上がらない0号車グッドスマイル 初音ミク AMGをかわすと5位にポジションアップ。その後は4位の61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTを追いかけていきます。

詳細画像はこちら

ところがGT500トップが20周目に入ったところで30号車TOYOTA PRIUS apr GTがセクター3の中盤でコースアウトし、その場所にとどまってしまうというアクシデントが起こります。自力では再スタートが出来ない様子で、まずファストレスキューオペレーション(FRO)が救援に入り、その後セーフティーカー(SC)の導入となります。

詳細画像はこちら

SUPER GTの場合、SC導入となると各クラスマシンメインストレートに順位順に整列させてからの再スタートとなるので前車とのタイム差は一気に縮まります。このSC導入はModulo KENWOOD NSX GT3にとってはレースを有利に進める上ではむしろラッキーだったのかもしれません。

詳細画像はこちら

当初はミニマムの22周前後でタイヤ交換が必要かもしれないと言うことで予定していたピットインですが、思いのほかタイヤのもちがよく、なおかつSC導入でタイヤを温存できたことでSC解除後もすぐにはピットインせずにそのままレースを続行。

しかしSUBARU BRZ R&D SPORTと10号車GAINER TANAX triple a GT-Rと絡んでのバトルとなり、ここは先にタイヤ交換をして大津弘樹選手に交代すると言う作戦をとり25周目でピットイン。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

タイヤは4本交換。ほぼ同時にピットインしたSUBARU BRZ R&D SPORTよりも早く作業を終えてのピットアウトライバルよりも前に出ることができ、17位でレースに復帰します。

詳細画像はこちら

ライバルチームがすべてピットインを終えるころには4位というポジションを得ていました。タイヤライフは充分にあると判断した道上選手は無線で大津選手に「そのまま行け!」と指示。ラスト8周には3位を走る11号車GAINER TANAX GT-Rの背後に迫ります。

詳細画像はこちら

ラスト5周で大津選手はスリップストリームに入るほど距離を縮めると、ぴったりと後ろについてプレッシャーを与えていきます。

そしてラスト4周目に入りストレートエンドまでスリップストリームから抜け出すのをこらえ、第1コーナー進入ギリギリで前に出ます。3位浮上!この様子をモニターで見ていたピットは大歓声!

詳細画像はこちら

そしてフィニッシュ! 3位でチェッカーフラッグをくぐり抜けていくModulo KENWOOD NSX GT3!

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

サインガードでは道上選手が手を振って3位を祝福。そしてModulo KENWOOD NSX GT3がストレートを走り去っていくと満面の笑顔で鄭監督と固い握手を交わします。

詳細画像はこちら

レースクイーンの皆さんも感動の涙。

詳細画像はこちら

開幕当初はQ2進出も出来なかったModulo KENWOOD NSX GT3。調子が上がってきたであろう8月の富士500マイルではフリー走行中のクラッシュマシンを廃車するというアクシデント

その後に奇跡の新車導入でSUZUKA 10HOURSに参加しデータを収集すると、第6戦SUGOではスリーワイドフィニッシュで4位となり、そしてここオートポリスで表彰台を獲得!新型マシンをここまで成長させたのはチーム力の勝利と言えるでしょう。

そんな経緯が評価されたのか3位のトロフィーのほかにJ SPORTSベストパフォーマンス賞が授与されると言うサプライズも起きました。

詳細画像はこちら

次戦は11月10〜11日、いよいよ最終戦のもてぎ。大津選手は「最終戦は優勝で締めくくりたい」という大胆発言も飛び出すほど調子を上げてきたModulo KENWOOD NSX GT3。本当に優勝で締めくくってもらいたいと思うのは筆者だけでしょうか?

Modulo KENWOOD NSX GT3の大健闘を期待しています。

(写真:松永和浩、高橋秀彰 文:松永和浩)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

 

 

 

【SUPER GT 2018】Modulo KENWOOD NSX GT3が初表彰台となる3位を獲得!(http://clicccar.com/2018/10/22/642578/)