(※本記事は『ゲーム・オブ・スローンズシーズン1のネタばれを含むのでご注意ください)

ヒット大河ファンタジードラマゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)でエダード・"ネッド"・スタークを演じたショーンビーンが、シリーズの最終章にカムバックする可能性と殺され続ける役で声優を務めている新作ゲームについて語っている。

【関連記事】【ネタばれ】『ゲーム・オブ・スローンズ』最も影響が大きかったキャラクターの死は?!

2019年に米HBO放送される第八章でいよいよファイナルを迎える『GOT』ショーンは、米The Hollywood Reporterのインタビューに答え、最終章へのカムバックについてコメントした。「どうやったら可能になるのか分からないよ。過去に戻ったらネッドは若返ることになるが、誰もが少し年を取ったからね。それにデジタル処理で若返ったり、違うフォーマットシリーズに戻るのは気が引ける。だが、こういったことはどうなるか分からないし、タイムラインにもよるだろう。クオリティが維持されているかどうかにもよるし、人気があるキャラクターだから単に再登場させたという理由とかでなければね」と述べていた。

そして現在のショーンは、映画化もされた大ヒットゲームヒットマンシリーズの続編『ヒットマン2』で、殺され続けるマーク・ファバの声優を務めることになっている。

彼は映画やドラマ上での死亡率が非常に高い俳優としても知られ、『GOT』ではメインキャストでありながらシーズン1で命を落とし、映画『ロード・オブ・ザ・リング王の帰還』や『007ゴールデンアイ』、『パトリオットゲーム』でも殺されているのだ。

そんな自身の役者運命について、「おそらく(殺されるのは)私の才能なのかもしれない。こんな風になるなんて思ってもみなかったんだが、みんなが私を殺そうとし続けるんだ。何度も死を偽って、まるでステージマジシャンみたいだし、仕掛けは全て分かっている。みんなは自分が賢いと思っているが、私とは比べ物にならないだろう。だって、私は観客に自分が爆発で吹っ飛ばされたと思わすことも出来たんだからね」とユーモアを交えながら答えている。

ちなみ、出演作で一番お気に入りの死は、『ロード・オブ・ザ・リング王の帰還』で演じたボロミアが殺されるシーンだという。(海外ドラマNAVI

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ
(C)2011 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.