no title

 オーストリアの首都ウイーンには、ストリートミュージシャンとして活動しているっぽいアラスカん・マラミュートがいるという。

 女性が奏でる美しいバイオリンの音色に合わせて、自慢の遠吠えで「ワオ~ン♪」と歌うたうのだ。動画の音声をONにしてその歌声に酔いしれてみよう。

―あわせて読みたい―

デカッ!アラスカン・マラミュートの顔が女性の約4倍はある件
史上最高の「歌ってみた」。オオカミの生息地で歌を歌ったらオオカミたちが共演。鳥肌が立つほどの感動が今ここに(米コロラド州)
アラスカンマラミュートがお父さんに必死のかまって攻撃。その本当の理由とは?
立派な「またお前か」のために。シベリアン・ハスキーの赤ちゃん、遠吠えの練習にいそしむ(音声注意)
訓練されたオオカミ、観客の声に合わせて遠吠えで合唱


Fluffy music aficionado as seen in Vienna, Austria

 ストリートには多くの見物客が集まっている。
 きっとご当地の名物犬であるのだろう。

 良く通るその歌声(遠吠え)は、見物客を魅了しているに違いない。

3_e2

 愛嬌のある仕草を見せるのもマラミュートならではだ。

4_e3

 マラミュートの飼い主はこのバイオリンを弾いている女性なのかどうかはわからないが、ウイーンに行ったら是非この心に響く歌声を聞いてみたいものだ。

 この動画に関する海外の反応は...

・心のこもったマラミュートに「ワオォーン」に元気をもらった

・この遠吠えすごい。遠くまで響き渡っていることだろう。

投げ銭が集まる集まるだな

すごい!ちゃんと盛り上がるところで吠えてるし、演奏とあってる!

・マラミュートって高音でるね。オペラ演奏家になれそう。

・この女性が飼い主なら、この犬つれて世界ツアーやってほしい。

・実際にマラミュートって歌うの好きだよね

ウィーンに数年間住んでいた。音楽評論家やプロのオーケストラ演奏家が、マリアヒルファーシュトラーセやシュテファンドームの近くで演奏しているストリートフォーマーたちを批判していたが、大勢の観光客や、高いお金を払ってコンサートに行けない人にとって、街中でクラッシックが楽しめるウィーンは本当に良いところだと思う。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52266514.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

マシンガンかな?キツツキがトタン屋根を突く音がえげつない(要音声)
きゃわたんコーギーにまみれ隊!ひたすら可愛いコーギーたちを詰め合わせでプレゼント
大親友だった犬の亡き後、悲しみに暮れていた猫。 親友の残した首輪を発見し、ニオイを嗅ぎスリスリと頭をこすりつける
ながっ!とにかく脚が長い猫、テディさん(アメリカ)
「疲れたね、ちょっとお昼寝しようか」盲目の犬をいたわる心優しい猫のベッドタイム

―動画の紹介記事―

マシンガンかな?キツツキがトタン屋根を突く音がえげつない(要音声)
きゃわたんコーギーにまみれ隊!ひたすら可愛いコーギーたちを詰め合わせでプレゼント
ながっ!とにかく脚が長い猫、テディさん(アメリカ)
「疲れたね、ちょっとお昼寝しようか」盲目の犬をいたわる心優しい猫のベッドタイム
黒猫のコミュ力の高さ!サイの親子にスリスリすり寄り友好条約?
「ワイは~歌うたいやから~♪」バイオリンの音色に合わせて歌う一流ストリートミュージシャンとしてのマラミュート犬