終身雇用制度の崩壊など、流動化していく日本社会の状況に伴い、若者が自分のキャリアへの自己決定を求められるようになっています。

面接イメージ
※画像はイメージです
 しかし、人生経験に乏しい若者は自身のキャリアにどのように向き合えば良いのでしょうか? 前回に続き、『20代の転職成功者は何から始めたのか?』の著者としても知られるブラッシュアップジャパン株式会社代表取締役社長・秋庭洋さんに話を聞きました。

 第二新卒含む20代転職者が注意すべきポイントや、大学生のうちに養っておくべき力とは――?

後悔しても踏みとどまれる何かを用意しておく

――20代の転職では何を求めるべきでしょうか?

秋庭洋(以下、秋庭):30代の選択肢を広げられる転職をするべきじゃないかと思います。20代のうちは正直、仕事のやりがいを感じづらいと思うんです。そこで、力をつけるために修行するのか、なんとなく仕事をするのかっていうのは違うんです。

 例えば、野球のピッチャーでもマウンドに登って球を投げるっていうのは同じことなんですけど、大量点で負けてる試合の終盤で出ていって投げるのと、序盤のリードを守りぬくっていうのとでは全然やりがいが違うと思うんですよね。

――転職相談に来る20代の若者からはどんな相談を受けることが多いですか?

秋庭:今はもう私は現場にほぼ立っていないのですが、「果たして私は報われるんでしょうか?」という相談が多いみたいです。

 そういう相談は真面目な子に多くて、真面目に真面目に仕事に取り組んでいるけど、そのせいで自分の視野を狭くしちゃって、ふとした拍子に自分がスキルアップしているのか、すり減っているだけなのかわからなくなるみたいです。

――仕事でただツライという若者はどうすればいいでしょうか?

秋庭:もちろん、ツラければすぐにやめれば良いというわけでもないですが、実際、本当に自分をすり減らしている場合もあって、その判定基準はすごく難しいですね。ツラさが将来のための力になればいんですが、それは後にならないとわからないので。もしかしたら全ては結果論なのかもしれません。

――ズバリお聞きしますが、20代の転職で後悔しないためにはどうすれば良いでしょうか?

秋庭:うーん……難しいですね。3年後にわかる後悔も、40年後にわかる後悔もあると思うんですけど、僕の持論で、新卒は就職して3回は後悔すると思うんですよ。だから、転職しても必ず3回は後悔するだろうと思います。

 ただ、その時に車のタイヤ留めみたいに踏みとどまれる何かを用意しておくことは重要だと思いますね。「前の会社のほうが人間関係や雰囲気が良かった」と後悔しても、「でも俺はこういうふうに考えて、転職を決めたんだから、後悔してる場合じゃない」って。だから、後悔するのは仕方ないのでしっかり考えて、考え抜いて、あとはもう覚悟を決めて進むしかないんじゃないかなと思います。

売り手市場は「企業説明会が夢のプレゼン大会」

会社説明会

――相談者の中にはどういう後悔をされる方が多いですか?

秋庭:それはいろいろあって一概には言えないですが、結局は仕事や会社に関する情報不足が原因の場合が多いですね。だから、「こんなはずなかったのに、騙された!」みたいに被害者意識を持っている方はよく見かけます。

 ただ、これは企業側にも問題があって、今は売り手市場なので、企業説明会が夢のプレゼン大会みたいになっている。先輩の声を紹介する場合もトップ層しか紹介しなくて、じゃあ他の人はどうなのかわからない。だから、そこは注意してみる必要はありますね。

――後悔しないためのうまいやり方はありますか?

秋庭:これは新卒者も転職者にも言えることなんですが、会社側にお願いして先輩社員と話す機会を設けたり、体験入社をして実際の職場環境を見ておくべきかなと思いますね。

 もちろん時間的な余裕がない現状もわかりますが、自分が働く職場ぐらいは体験してみるべきかなと思います。そうしないと結局、会社とのミスマッチは解消されないでしょうね。

自分の許せることと許せないことを明確に

――20代の転職において成功基準はどのように決めれば良いのでしょうか?

秋庭:哲学的なことを言うつもりはないですが、結局転職も自分が幸せになるためにやっているわけじゃないですか。だから、自分にとって何が幸せで、何が良い人生なのかを決めないと成功かの判断がそもそもできないと思いますね。しっかり根っこの部分で持ってないと周りの意見に流されてしまう。そこで、惑わされない物差しを持っておくことが重要かと。

 あとは、著書の中では「ゼブラ企業」と呼んでいましたが、完璧な会社なんてどこにもないんです。ポジティブな意味で「ここはダメだけど、ここは受け入れられる」って、自分の許せることと許せないことを明確にしておくことは重要ですね。

人を見る目だけは養っておくべき

秋庭洋
秋庭洋さん
――ここまでお話をお聞きして、いろいろなことを伺ったんですが、それでも悩んだ時、最後は何を信じれば良いんでしょうか?

秋庭:やっぱりその会社の社長や人事を本当に信じられるかってことだと思います。そう考えると、実は大学生までの人生って人を見る目を養うための期間なのかもしれません。飲み会や異業種交流会でも、単純に人と会った数じゃなくて、深いところまで踏み込めた人数のほうが大事なんじゃないかなと。

 こう言ってしまうと、元も子もないですが、結局はその人がどういうふうに生きて、どういう力をつけてきたのかが重要だと思います。20代は、うまく生きようとするんじゃなくて、真剣に生きようとすることが大事なんだと思いますね。

TEXT/日和下駄>

【秋庭洋】
人事コンサルティング企業の役員を経て2001年9月にブラッシュアップジャパン株式会社を設立。20代向け転職支援サービス「いい就職ドットコム」「20代の転職相談所」など、若年層の雇用のミスマッチ解消に取り組んでいる。著書に『20代の転職成功者は何から始めたのか?』(「20代の転職相談所」名義)などがある

【日和下駄(ライター)】

ライター編集者・俳優。メンヘラ当事者研究会会長。演劇をやりながら働ける方法を探していたらいつのまにかメディアに携わっていた。興味のあるジャンルサブカルチャー全般

秋庭洋さん